非凡な装飾の技術:陀はずみ車の橋板の処理は11時間必要とします

1795Rチップは設計から製造するまで(に)すべてバセロン・コンスタンチンの手に出て、非凡な装飾の手工芸はその一として大きい特色、特にその中の橋板の処理です。これらの工程は称しますか?潤しますか?フィレットですか(berçage)、はきっと時計の大家のずば抜けた技芸の一大の挑戦に対して、竿の腕の最前線で完璧な標準を磨き上げだしてそれによって、1つの円錐になってそして半分円柱の形と、気をつけて中心と基礎の部分を区別しだすのです。この工程を完成して、時計の大家は砥石、石綿の生地、木製で必ず器を磨き上げてと膏を売り払わなければならなくて、そのこの上ない手作業をさらに加えて、完璧なのがようやく効果を磨き上げるのをすることができます。バセロン・コンスタンチンのに合って厳格に要求を磨き上げるため、時計の大家はよく11時間こ[……]

Read more

オメガはボスSpeedmaster’57はとてもと軸は時間単位の計算を捕らえてたとえ時計を積み重ねるのでも

Omegaは今年Baselworldバーゼル国際時計の真珠や宝石展の中で、1957年のクラシックの原版Speedmaster敬意を表したのが新しくモデルを表すに出します。今回の搭載したのは直径の9300/9301はと軸が捕らえてサイクルコンピュータを跳躍するので、そして、特に配備するケイ素制捕らえるシステムさせるつり合わせる並べる車輪免れる地磁気の妨害で、最もかすかな精密で正確な度まで(に)達します。その他に一つは旅行する設計した機能だけのために、自身の運営のもとで表しを停止していないことができて、標準時区のを設定して交換します。この最新のバージョンは18kミカンの金あるいは黄金の2モデルの選択があって、チタン金属によく合って、あるいはすばらしいステンレスの黒色、銀白色で、および青いはのめっきして円を刻みにはね[……]

Read more

表TIPSを選びます

どう1モデル選んで自分の身分に適合して、また自分で風格と掛ける腕時計ですか?以下は記者の3時(点)に提案するので、参考にしてください。

実用性

文字通りで、実用的な人をえこひいきしてたいへんイタリアの腕時計の機能性と使用性にあります。1匹のうわべ設計がすばらしくて、チップのすぐれて良い彫刻の精巧で美しい腕時計、もしもも彼らをさせて再三ためらう付加で実用的な機能がありません。しかし逆にして、もしも1匹の各方面設計のすべてとてもすばらしい3針の時計、時間単位の計算機能を備えてあるいはただ1つのカレンダーだけが多く出て表示して、でも彼に迷いもなくそれを買い取らせます。時には、このような人がイギリスビッグ・ベンのように執着して、しかしこれは欠点ではなくて、“実務に励む”が彼の最終選択を制御しているのです。[……]

Read more