トップクラスの技術のチップを搭載します

このモデルは深く潜む器はF385チップを搭載して、チップはガイドポストを内蔵して時間単位の計算装置に順番に当たって、奮い立ってしきりに36000回/時間(5ヘルツ)に達して、時間単位の計算を精確にDの秒に着くことができて、時間単位の計算の時計を積み重ねる理想のが選ぶのです。F385チップは可変的な慣性質量を搭載して車輪を並べて、そして黄金の微調整するねじを添えて、腕時計の精確な慣性質量に対して調節するのを実現する、腕時計のために更に強健な性能を持ってきて更に精密で正確なのを表現してとはやり歌の学校を行きます。同時に、F385チップは垂直のクラッチを内蔵して、時間単位の計算を取り除いて運行する時目とびあるいは安定ではない隠れた危険が現れます。それ以外に、今のところのブランパンの生産するすべてのチップと同じに、この[……]

Read more

タイ格HOYAHeuerMonza腕時計の強い勢いは復帰するのは勇奪ジュネーブの高級の時計は大きいはの“最も良くもう1度腕時計を刻む”に大賞を与えます

タイ格HOYAの名誉主席は、初HeuerMonza腕時計の設計者のジャック・HOYA(JackHeuer)は1976年にタイ格HOYAの最高経営責任者兼LVMH道で威酩軒グループ時計部門の総裁は弗(Jean―ClaudeBiver)先生の招待のもとでに比べて―クロード・を譲って、舞台に立ってこの崇高な賞を受けます。

クラシック―すばらしい腕時計の究極をさらに作ってもう1度刻んで、HeuerMonza40年(1976―2016)悠久の歴史に向って敬意を表します。

1976年、スイス前衛の表を作成するブランドのタイ格HOYAはフェラーリ(1971―1979)の政府の時間単位の計算として、タイ格HOYAのブランドの創始者の曾孫のジャック・HOYA(JackHeuer)は1モデルのただ1つの時間単位の計算の[……]

Read more

ひどい目この健康の知能腕時計兼嘘発見機能

大衆がプラットフォームを計画するのはここ数年来の科学技術の革新する代表と霊感の出所と言えて、たとえばこのVIVOGRAPH腕時計、その形は見たところ珍しいはの何もなくて、でもそれは内蔵して10の数種類のセンサーに達して、よくあったのが減速して、気圧、高度計、ジャイロスコープ、心拍などを持ちを含んで、あまりよくない脈拍の血の酸素計、皮膚のニュース(EDA)もある、つやがある血管の容積図(PPG)、心電図のセンサー。

まず、VIVOGRAPHは自然と計算する歩、心拍の監視測定などの常規機能を実現することができて、さらに過ぎて異なるモデル下で相応するセンサーを使用し始めて、情緒の変化、甚だしきに至っては嘘発見を監視測定しに来ます。

皮膚のニュース(EDA)とつやがある血管の容積図(PPG)のセンサーの協力[……]

Read more