受賞者はGlashutte Original格拉蘇蒂のオリジナルの貴賓ホールを見学します

2016年2月13日土曜日の午前11時、ベルリン国際映画祭とGlashラtteOriginalの格拉蘇蒂のオリジナルは“ドイツ製–視角賞”の新しい晋の受賞者に波今平坦な広場(Potsdamer Platz)でGlashラtteOriginal格拉蘇蒂のオリジナルの貴賓ホールの催す記者会見に参加するように招きを入れるでしょう。GlashラtteOriginal格拉蘇蒂のオリジナルの貴賓ホールはカーとホフ塔(Kollhoff Tower)の24層に位置して、映画祭の時提供して非常に優れている観点と見解のプラットフォームを分かち合います。

楽な雰囲気と優雅な環境は著しい成果がある討論会に助力するでしょう、客達は映画祭の各イベントを鑑賞することができるだけではなくて、さらにベルリン城のにぎやかな景色を高い所から見[……]

Read more

専門性と直覚性そして重い選考委員会

今年、エリートの1か所に集まる選考委員会は再度賞を決定するのを派手に誰の家に下ろして、彼らの専門の知識と鋭い直覚はでも最終結果に影響します。

今回の選考委員会は広い視角に集まりました:有名な舞台劇と映画の女優のサンドラ・Wheeler(Sandra Hüller)、一定の時間来の彼女の名前はずっとベルリン国際映画祭としっかり繋がります;数年間ドイツの映画界のために姿を増加して色彩の映画を増加してシナリオ(戯曲)を書きます、監督兼役者の英戈・海伯(IngoHaeb);および忠実に映画の事業のプロデューサーのマーティン・ヘイズで(MartinHeisler)を彫って、この3人は1つのアイデアを構成して、ようやく兼備することができる選考委員会が豊富です。

Glashütte Original オリジナルゲーラ苏蒂オリジナル第ろく度手を携えてベルリン国際映画祭

Glashütteオリジナルゲーラ苏蒂再デビューはオリジナルこの国際映画祭典じゅうたん:この家ザクセンタブ商と主催方正足踏みして間もなく開催の第66回ベルリン国際映画祭。
ベルリン国際映画祭合作の第6年となり、来賓たちはまた多くの点を見ていた。今回は違うGlash tteオリジナルゲーラ苏蒂オリジナル第ご回「透視ドイツ映画」(Perspektive Deutsches Kino)ユニットで、≪ドイツ製造–視角賞」(Made in Germany–Perspektive Fellowship)。また、今年は再びブランドに身を投じて振り返り」(Retrospective)と「敬礼」(Homage)ユニットをスポンサーの名は「ドイツ製造–味わう映画」(Reden über Filmフィルム)の活動を、すなわち「透視[……]

Read more