A.Lange&SöhneランゲZeitwerk Decimal Strike

この腕時計のが時間を知らせるのは伝統が鳴いてからそのように設置して毎時間時計を刻みと時間を知らせるのではなくて、毎時間10分と時間を知らせるのです。時計の文字盤の一地方の2つの音の金槌は精密な鋼を売り払うから構成して、左側の音の金槌は毎時間低音のリードを打って、或いは右側の音の金槌の10分はいつも10分を部門の時段が始まる時にして、高音を出します。時計の文字盤の上で最も目立つ大型が精確で字を跳んではっきりしてい読みやすいをの表示します。1分ごとに、桁の数の活字ケースは1格を進めて、少しも欠けません。特許が不変でシステムを全力で捕まえてたとえ全体の運営の過程のために絶えず動力を提供するのでもに動いて、かつ不変なエネルギーから駆動しました。あなたも鳴り響いて設置を閉めるのを選ぶことができて、4時の位置の押しボタンを押さえつけて、音の金槌は音のリードからそれます。このように新しい技術の概念は材質を革新するのと互いに補完し合って、直径の44.2ミリメートルの表す殻のランゲだけあった18Kハチのあめ色の金は製造して、やさしくてやさしいです。100制限します。