スイスのラドーのバーゼルの新型のプレビュー

次々とPre―BASELの新型をも始めて予熱する多くのブランドがあります。今日みんなのために簡単にスイスのラドーの現在のところを紹介しに来て出てくる何モデルが新しく表すかを公表します。

明るい星のシリーズ

全体は2013年にラドーがすべて重点を明るい星のシリーズの普及に置いて宣伝すると言うことができて、その中の球場の特別なモデル、UTC両地時間に似ているのはモデルすべてとてもすばらしい製品です。このシリーズで現在のところのブランドの発表する2014年の新型主に集中するのに至って、そのウブロコピーため新しい1年はブランドが引き続き明るい星のシリーズ上で力を出しを信じます。

先にこの4モデルの小さい秒の皿の自動腕時計を見てみに来て、サイズの上から言って、42ミリメートルは表して直接ラドーの中のXL型に属します。6時に小さい秒の皿が1つ(人)多くて普通な秒針に取って代わった、残りの各方面がすべてと前の明るい星XL型を除いて自動モデルは一致していて、だから2.5万~3万間で意外な話の国内の売価を出ません。

続いてこの通し番号の650.0276.3.010なる自動時間単位の計算の腕時計です。明るい星のシリーズの時間単位の計算の製品の中で、球場の特別なやはり(それとも)普通なXXL型の自動時間単位の計算のモデルだであろうと、すべて45ミリメートルの大きいサイズを採用します。比較する前にXXL自動時間単位の計算のモデルを行って見に来て、この新作の変更もサイズの上でで、45ミリメートルから42ミリメートルの(政府筋のデータの41.8ミリメートル)になって、国内の売価は3万5000人民元ぐらいでを予想します。

莎のシリーズに従います

ラドーは2013年にバーゼルは1モデルが莎のシリーズのハイテクの陶磁器の触感の腕時計(参考が読む:スイスのラドーが莎のシリーズの2013新作CeramicTouchに従う)に従いを出したことがあってことがあります。この腕時計は今日機能の上でと2013年にそれはとても似ていて、すべて採用するないのが冠の触感を表して時システムを加減するので、主に盤面のラインストーンと制限する上で区別します。上図の中でこのつの“ハイテクの陶磁器のあやがあって美しい波のあの契約の触感の腕時計”という2014新作の全世界は300匹だけ制限します。

全体的に見て、明るい星は莎のシリーズに従いとすべてラドーの製品ラインの中で普通な消費者のこもごも至る1番広いシリーズでと、この数(何)モデルのPre―BASELの新作が前と行うのが実は変えるのが大きくないのを比較して、これも側面から現在のところのブランドの主なおす製品が市場の中でやはり(それとも)とても人気なことを反映します。その他にバーゼルの時計展の上で正式に発表するでしょうもっと多くておもしろい新型がありをも信じて、私達に切に期待していさせましょう。