スイスの時計の名城紹介するレッコ特にオーストリア費

特にオーストリア費(La Côte-aux-Fées)を引き延ばしますグラムはネサットのタイ爾州の特に威の谷間(Val de Travers)の地区に従属して、ジュラ山脈の谷がよる南西部の1つの小鎮で、ここは伯爵のブランドの発祥地のため時計界に人気があって、1つの“時計の名城”になります。

ここの海抜の1041メートル、ただ1つのありの500人の左右する村落、農作をする以外、大概は伯爵の工場中に勤務したのブライトリングコピーに行きます。全体の特威谷間地区と名城の弗勒里耶(Fleurier)は隣接していて、そのため時計の工業の領域で比較的大きい影響力があると言うことができます。伯爵のブランドは1874年に創立して、時計の工業がジュネーブからなんじの谷間を通じて(通って)漸次ネサットのタイ爾地区の1つの自然な結果まで(に)発展するのです。ブランドの創始者GeorgeEdouardPiagetは最初ただ懐中時計のチップの研究開発に従事して製造して、しかしこれもずっとこの家の家族企業の発展の歴史の上で重要な効果を発揮しました。1943年、G.E. Piagetの孫GeraldとValentinは正式に伯爵のブランドの腕時計を出しを始めて、そして1957年に世界を驚かせる超薄の手動を出した上に2mmのためただ祖先のそのまま残るチップの技術だけ、鎖のチップの9P、厚さを継承し発展しました。3年後にまた厚さの2.3mmの自動チップの12Pを出しました。そしてこの2モデルの超薄のチップの基礎の上で、開発してたくさん独創性の芸術品を備えて、一挙に伯爵のトップクラスのブランドの地位を打ち立てました。伯爵は1988年で暦峰グループに買い付けられて、暦峰所属カルティエの外の2つ目のブランドで、1991年からSIHH(ジュネーブ高級制表サロン)のブランドの中の一つに参加するです。

特威谷間地区は時計業がとても発達している以外、アブサン(Absinthe)の一番早い産地の中の一つで、このような民間薬と野の花の中から取り出した高さは酒(45―72度が待たない)を蒸留して茴香の味を備えて、西洋のカクテルの重要な基の酒の中の一つで、よく医薬の領域にも用います。必ず変化する効果のアブサンを送ってスイス政府に閉じられて禁じのでことがありを備えて、同時に西洋の歴史の上でたくさんで有名な作家と芸術家の心から愛する物になります。心酔する華麗で精巧なメカニズムの外、スイスの旅にあるとよい中で一回のアブサンを痛飲する体験を手配します。