未来更に橋脚の多い界が協力するのが製品現れます

知能腕時計の外観は流行を更に備えて思ってと動感を運んですでに業界の共通認識になったべきで、多い科学技術会社はスポーツのブランドともとっくに界にまたがりを行って協力しました。

例えばナイキ会社とアップルは2016年に協力で知能腕時計(AppleWatch NikePlus)を出して、界の製品のにまたがって出すべきで、一方ではナイキ会社の研究開発するアプリケーション(NIKE+)を解決してその強大な機能とマッチングするハードウエアの苦境が見つかりにくくて、同時にアップルの知能腕時計(iWatch)運動する領域いっそう専門、製品の差別化を実現しました。

界の協力で出す製品にまたがって機能の上でもある程度広く開拓して、運動する監視測定と健康管理などのようです。同時に、一部の消費者は知能服装の製品が単独で携帯電話で使うことができるのガガミラノスーパーコピーを望むと表して、携帯電話の負担を軽減します。

それ以外に、もっと多い機能のは加入してもっと多い電気量に命を捧げるでしょう。現在のところの多数の知能腕時計の正常に使うのは1日のためただ航行を続けるだけ。もし航行を続ける問題はずっと有効な解決を得ることができなくて、しかし服装の市場は現在のところの安定的に成長する傾向を維持するでしょう、しかし転覆する革命的性質のがありにくいです。