石英の時計のきっかけの発明

この石英の時計の革命は日本のからスイスの機械に始めて挑戦して表すのですが、しかし水晶は第ひとつの石英の電子時計と日本人のから別に発明したのでありません。、は1880年、ピット・局中で水晶のピエゾ電気を発見した後に石英の電子技術は20世紀に急激に発展することを得ます。1972年、米国、スイスなどの国は相前後して石英の電子時計を開発して、しかしその時すべて機械が表すのが正統的だと思って、決して十分な重視を与えなくて、石英の時計の産業化を諦めました。

しかしその時のセイコーは思って、石英の時計のこの新技術は前途がたくさんあって、すぐ大きいをの行って量産に投資します。1969年にのクリスマス、セイコーはAstron35SQ(世界で第1モデルのポインター式のクォーツ・ウォッチ)を生産します。