盛んな刺し縫いする海のチップの上でいくつかほかの字形もある

これは盛んな刺し縫いする海の最新の開発の手が鎖のチップに行くので、それは最初に去年に登場したので、今年SIHHの上でただ大いに異彩を放つだけところが。ただもし去年の510、511盛んな謎達SAYHELLOに対して、それでは5人の兄弟の出現は盛んな刺し縫いする海は1年の大がかりな芝居を準備しました。この560――5645の腕時計の造型すべてとても前で盛んな刺し縫いする海のために国家のを築いて入門してモデル、ただ古いだけのモデルはすべてETAチップで、新作は自分で作るのです。もしも入門するの感情の原因に対して投げ捨てて、新しく5人の兄弟に来てチップと性能の上ですべて終わってそれらの大先輩に破裂して、“1世代の新人が古い人に勝つ”と言えて、その上新作の価格性能比は本当にとても高くて、8日のはひとつのただ売って入門するランクの腕時計の値段で近づくだけを蓄えるのに動いて、まったくハクサイ価格です!もしも盛んな刺し縫いする海に対して理解しないで、私が本当に一目ですべて見ることはでき(ありえ)ない前に行って、惜しい中に盛んな刺し縫いする海の毒の時、あれらの“老いぼれ”は無限な魅力を配りだして、人を抵抗する力がありません。

これは盛んな刺し縫いする海の大多数の自動的に鎖のチップに行く集合で、すべてでP.9000枠板のために設計したのロレックスコピー、このシリーズの基礎のとしてP.9000は09年に現れたのです。その上このシリーズのチップが小さく編んで盛んな刺し縫いする海のチップの中で最も実用的だとだと思って、なぜかというと自動チップは手動で行って鎖の使用中の上で1本の工程を節約するのを比べて、しかしいくつかの複雑な機能、もあるがのが手動のチップより少し安定的です。に似ていますP.9100/Rはこの中で最も面白くてで、それがカウントダウンの機能を持っているため、これは比較的珍しいです。

以上盛んな刺し縫いする海の有名なあれらのチップ、小さくなくて盛んな刺し縫いする海の使ったことがある全部のチップを一回言ったのを編んで、しかしこれらのカバー面積ももとても広くなりました。未来の数年の中で盛んな刺し縫いする海はまた(まだ)再度自分のチップの倉庫を更新して、それからいくつかいとこに似ているのがあの時にますます足りる貴重で、だからみんなは盛んな刺し縫いする海を受け取る時も下へ注意して自分で作らないことができます腕時計の価格。

盛んな刺し縫いする海のチップの上でいくつかほかの字形もある、/10は例えばサイドオープン、/9に内部に新しく動力備蓄物を加えて表示するように代表するように代表しています。