IWCポルトガルの万年暦の腕時計の南北の半球の両月相のモデル

この人を魅惑する手首の上で傑作(型番:IW5032)は7日の動力備蓄物IWCを配備して50000型の大型のチップを自製して、期日、週、月、4人の数字が年度表示する以外、また(まだ)独創の南北の半球の月相の損益を持って表示して、精密に必ず北半球あるいは南半球の発見した月相から現れます――互いに倒影になって、対照の妙をなして、三日月が上弦の月に着いて生後満1か月の祝いまで(に)また着く下から月弦月の完全な変化の過程を観賞することができます。それ以外に、この腕時計はまた(まだ)逆数に円を刻むように協力するのを配備して、とても精確な読込みは次に生後満1か月になる余剰の日数まで(に)。すべての月の公転周期の中で、それと月の実際は変化して違いの12秒だけあります。この腕時計の18Kプラチナのデザイン(型番:IW503203)はきわめて優美な色調を採用して組み合わせます:ダークブルーの時計の文字盤の上で配備するのは同様にダークブルーの背景の円盤で、協力するロジウムメッキの月相は円盤に月の損益を再現して変化するように指示します。18K赤い金のデザイン(型番:IW503202)の中で、殻のあたたかい色調と黒色の時計の文字盤を表して比類がない高貴なクラシックを作りだします。偶数の月は手首の間で光が互いに引き立て合う、小さい平方寸の時計の文字盤の間の照り映えの南北の半球とと違う曇って晴れな円が手首の見るに値する星を欠けて、持ち上げて栄枯盛衰は月、大空の宇の米を味わいます。