シチズンはずっとつやがある運動エネルギーで腕時計の1つの主要なセールスポイントとして

シチズンはずっとつやがある運動エネルギーで腕時計の1つの主要なセールスポイントとして、時技術に対してつやがある運動エネルギー、つやがある運動エネルギーの電磁波とつやがある運動エネルギーの衛星を出しました。設計の上でも美感を更に備える、技術と米を解け合う、時間を表していると同時に、も独特な流行個性的なことを表示しますと。シチズンは先進的な技術の東方の伝統と精致で優雅な米を利用して巧みに互いに結合して、消費者のためにさまざまな腕時計を提供して、人々の生活のために色を加えます。デザイン設計上で、豪放なスポーツのモデルから優雅な正装のモデルまで(に)何でもそろっていて、各種の年齢層、各種のタイプの消費者の需要に適合します。

もしもセイコーが日本を甚だしきに至っては世界の腕時計の制造業が“石英の時代”を持っ(連れ)て入ったのだそうで、シチズンは技術中で美感に参加するで、カシオは技術の完璧な融合とと一緒に精密で安い材料です。すべてのブランドはすべて自分の特徴があって、それらの共通の場所、機械的な腕時計のはさみ打ち下で日本の自分の腕時計に属して道を製造するのを開拓しだします。日本の表を作成する成功の場所は科学技術、電子を腕時計と解け合うのなだけではなくて、機械に神が乗りうつる壇に表していかせて、安い材料を運用して表を作成する業に着いて、専門技術を簡略化して、量産に達して、これは更にいくらでもあって市場と未来向かうの自信とに対して開拓します。

今日、小さく編んでみんなになって関係する日本の腕時計の製造するいくつか情況を紹介して、みんなの簡単な理解の日本の腕時計の発展する歴史と現状があります。以前は私達も言うことがあって、中国と日本の表を作成する業の歴史はすべて長くありませんて、私達は中国の腕時計が国際上で力を呼びかけるのブランド時計コピーと一定実力があるのだと言うことができて、しかしやはり(それとも)一定競争力に不足します。私達は外国にこびるのではなくて、私達は学んで、“敵のやり方を学んで敵を制する”を要します。比べて見て、日本の腕時計技術はなんと感心するのなのとは限らなくて、しかし巧みなのは長所を利用し短所を克服して、自分で得意とする電子工業を腕時計と完璧なのに製造して結合して、あれらのいわゆる巧みで完璧な手工芸でと“スイスの団”が強硬をもって強硬にのぞみに行くのではありません。ちょうど現れるセイコーの石英のチップは気の向くままに開けて見ることができに来て、しかしセイコーの技師を除いて、どのようですか処理するべきなことを知っている人がなくて、私達はこれと日本人の学びやすいののと気力が関係のがないのだと言うことはできません。私達の中国の時計の制造業が遠からずうちに同じく1条出て行って私たち自身の表を作成する道に属することができるのを信じます。