機械と表すのはもしかすると似ていてコップの上で眼の玉を書き入れるペンのあのサクランボにするのを比較

言ったのはそんなに多くすべて長所であるようで、実は欠点もあって、利は弊害の人々が直接ただ軽視したのより大きいだけ、さすがに長所がそんなに多くてやはり(それとも)軽視したのことができます。決して…ない、これはもしかすると人文の気持ち以外つやがある運動エネルギーのチップの完敗する1時(点)です。さすがに光のエネルギーに頼って(寄りかかって)駆動して、どうやらないだけですか?いつも極めて大きい制限を受ける光源がある時:

1、室内がもしまた誇張して、《最後の日60秒》このような情況、充電するのはとても遅くて、ほとんど12時間がようやくいっぱいなことができるのが必要です。2、長い間つやがある時電池が自動的に消耗し尽くしに会わないで、喜びが胸にあふれて日本からひとつの輸入完成品シチズンを持ち帰った1人の長兄があります。それから崩壊したのは長く日光に当てる“農民の時計”それを必要だと呼んで、何ヶ月を入れて引き出しの中で光がなんと電源が切れたのに会っていませんか?普通は言いに来てまったくむだ話をしているのを聞いていて、航行を続けて支えて月を数えるだけことができます。しかしもしも貨物を引き出してから今なお充電したことがないので、この言い方はもしかすると十分に立ち止まって、メーカーはすべての光源の腕時計が工場出荷する時すべてフル充電な状態ですとは限りません。ひとつの数十万の手動の機械を持って表すようで、販売員は鎖を手伝って、ちょっと大きい力部品ひびが入って、誰を計算しますか?3、つやがある運動エネルギーの腕時計の電気エネルギーがいくらかあって消耗し尽くした後に自動的に再び時間と期日を置いて、人力が学校を加減するのが必要です。4、街頭が小さく修理して職人を表す前にどのくらい簡単に電池を替えるのとまた(まだ)部品を補修することができて、ハイテクの光のエネルギーの腕時計の電池は工場に帰って替えなければならなくて、時間が流れと上でどのくらい多少面倒です。ちょうどこの点のもためで、大きい多くの人が0電気量を考慮する時直接腕時計を更新します。どのみち多くの年数をも使って、科学技術の産物の更新が速すぎて、いいえ後の世まで伝わる機械的な時計のことができるようです。

1千の1万を言って、結局利は弊害より大きくて、たとえ欠点がありますとしても、デザインが替えるのスーパーコピー時計に都合よくても、使用者みんなもしかするとそしてあまりに多くイタリアでほとんど取るに足りない小さいBUGとして。否認できない光のエネルギーの腕時計は甚だしきに至っては画期的に人類の生活する一つの発明を変えるので、しかし歴史でと技術がこのに続いてつけるのを伝承して、機械と表すのはもしかすると似ていてコップの上で眼の玉を書き入れるペンのあのサクランボにするのを比較して、永遠にすべてそれではほんの少しだけ足りませんでした。