ブレゲのすばらしい技術の淵ははるかに伝承して手工芸の並外れている魅力を体験します

表を作成する業が発生する時から、手作業の仕事場の精密で精巧なのはつくって信頼できて完璧な品質を代表しました。ブレゲはずっと最も誠実な態度で最もと専門の技術は一心に磨き上げて1枚の時計算して、ただ1つの貴重な臻の品物を捧げるのに努めて高貴な顧客になります。6月16日および、6月18日、ブレゲの上海半島ホテルの高級品店はブランドVIP顧客を招待して、参加して手工芸をテーマの体験のイベントにして、手工芸の並外れている魅力を味わいます。イベントの当日、6人の高貴な顧客は体験するイベントに参与して、一人一人の顧客に最も最も親密で周到なサービスを提供して、ブレゲの高級品店の6人の豊富な経験を持つ店員は1対1での解説を行います。ブレゲは更に特に銀に大家を彫るように招待して、顧客のためにブレゲの丸くない真珠を解説して模様を刻む専門の知識を彫刻して、顧客達から自ら着手して銀を体験して扮して彫り刻んで、ブランドの深さに対して理解するのに深まります。

ブレゲは皆の顧客のために銀製品がおよび、カバー、彫刻刀、が物差しなどの道具に協力するのを指しを準備して、顧客を自ら着手させて、手製で彫り刻む楽しみと魅力を体験します。銀は大家を彫って丸くない真珠を解説しながら彫刻する模様を刻むの歴史技術、、顧客の道具のを指導して正しく方法を使ってそれによって、理想的な図案を彫り刻みだします。

丸くない真珠が彫刻するのは模様を刻むブレゲの独特な標識の中の一つで、2百数年前、おじさんはめったにない―ルイ・ブレゲを引き延ばしてこの非凡な表を作成する技術を導入して、これ古代ギリシアの芸術の形式に起源して時計業で一層光彩を放ちます。しかし、面積の狭い時計の文字盤の表面の彫刻で入り混じり集まって複雑にまた整然として乱れがないしわの変化はきわめて表を作成する師の専門の能力を試して、ブレゲの表を作成する師は使って全く手製で推進してコントロールする模様を刻む旋盤類から道具を彫刻して、根気よく細やかなのブランド時計コピーはよく設計する図案を彫刻しだします。一方では著しく時計算する“性を読みやすい”を高めて、一方は各種を運用して紋様に扮して際立っている時計の文字盤の上でとのと違い地区を確定することができて、設ける各種の比較的独立した複雑な機能と時間は表示します。

イベントは共に約2時間続けて、顧客の手製で彫り刻む銀製品は特別なプレゼントにするに彫り刻む者を贈られます。6月18日、ブレゲの上海半島ホテルの高級品店は2回してその他に手製でイベントを体験して、多い顧客を得て支持して肯定します。