「真珠陀MicroMotor」の極めて優秀な人――ショパン

きんでている製を書くに頼って(寄りかかって)実力を表して、それぞれ大きいブランドは時計界の中で発展に続いて、ブレゲの創立者Abraham―LouisBreguetが陀はずみ車を研究開発した後にからそれから時計を書き直して発展するようで、その製は実力を表して疑う必要がなくて、だからすべての腕時計のブランドの背後はすべて独占的でよく響く技術技術を持ちます。CHOPARDショパンが製が真珠や宝石を行ってやり始める、後期から製を投じて領域、表すこの重要な径間が過程でどのようにみんなに向ってで自分の製が実力を表すと証明しますか?ショパンは強大な研究開発チームと技術技術を通してみごとに逸品のブランドの骨組みから跳び出します。1996年のショパンからL.を創立しますU.C時計工場、ごく短く数年時間はきれいな成績簿を差し出して、ショパンはその年L.を出しますU.C.1.96チップ、シリーズのチップの基礎を定めたのが行うので、同じく本当にショパンの5に使って突くチップに集まらせます。

ショパンL.U.C1.96チップは基礎の薄型のチップで、小型の自動皿(MicroMotor)と両ぜんまいの箱によく合って自動的に鍊チップに行って、石英の時計の革命の後で、新鮮で珍しい時計工場は製のIWCスーパーコピーチップから新作を出して、更に普通で珍しい小型の自動皿のチップだそうな必要はありません。えこひいきする小型の自動皿も真珠陀と称して、精巧な設計は腕時計の厚さを下げることができて、しかしまた腕時計の鍊効果に影響しません上。L.U.C1.96チップは比較的長い動力を持って特殊なの鍊構造を貯蓄するだけではなくてと上、真珠陀は22K金を材質の製にしてつくって、チップの外観の上でも一定美感に達して、人を印象に残らせて、内外の兼備する特質があります。全体にとって、ショパンが運用の真珠陀技術を製造すると上に同業(者)に比べて全く多く譲るいとまがなくて、この技術の極めて優秀な人です。振りかえって1997年にこのチップのL.を使いますU.C.1860腕時計は更にスイスの専門の時計の雑誌MontrePassionに風雲を選ばれて年度になられて表しのでことがあって、後続L.を開きますU.C.シリーズのチップの発展の成果の序幕。