ブランパン:《Lettres du Brassus》日本の姿

創意の腕時計

一人でどんな神の来る技を発揮して、日本の木版画の版画をようやく時計の文字盤のこのCLAS(2,3)の天地に運ぶことができますか?これブランパンの“芸術の大家”の仕事部屋の職人達のみごとに克服する挑戦。今期の特別テーマ報道およそ縦突きの2016年のバーゼル国際時計の真珠や宝石博覧会の新型の力作まで――大きな波の技術の腕時計、最初のレイアウト設計から最後の彫刻まで(に)磨き上げて1つ1つ弁舌さわやかに語ります。

それ以外に、精致で柔らかくて上品な高い婦の鳥のレディースファッションの腕時計も60周年迎えて特に紀念します。発表される際、高い婦の鳥の腕時計は世界で最小の円形の機械の腕時計です。その設計者はベティー・フィヒテレディース(BettyFiechter)です。彼女は時計業の内に1人が一つの制表工場を持ってしかも理事長の傑出している女性を担当するのです。今期雑誌は20ページの紙面で詳しく高い婦の鳥の腕時計の歴史、過去から今までの変遷の過程を紹介しました及び。

ブランパンの“海洋を想い抱く”の公益の事業

きわめて厳寒の中だ、極地の深海:労倫・巴列斯塔(Laurent Ballesta)は“腔のサネブトナツメの魚の探険の研究”の第3回を述べて旅を考察して、南極大陸の阿黛利に深く入り込んで(AdトlieLand)の探険が経験するのを分かち合います。今回を通じて(通って)考察して、生物学者、海洋の撮影技師、ブランパンのブランドの親友の労倫・巴列斯塔が呂克・ジャーク(LucJacquet)が自ら深くて10年前に長い板《帝のペンギンの日記》のを記録して景を採取するのを撮影します。文章が彼のを記述して今回が旅を考察して、そして重点的にこの度の旅行の新しい発見を紹介しました。

生活する芸術

ひさごのあずまや(Hyotei)、米山荘(Miyamasou)などの有名なレストランを紹介するを通じて(通って)、雑誌は今期私達に日本の美食の世界ので中で浸るように連れます。彼らは古くさい方法の寿司の料理の論調を投げ捨てて、十分に伝統を尊重する同時に、また新しい現代のブライトリングコピーアイデアを取り入れました。それ以外に、今期雑誌はまた(まだ)有名なのを紹介してもち米(もち粟)で作った酒を醸造します――清酒、内容は形成してから過程をつくっていっしょに酒のつまみにする美食まで(に)覆って、読者のために多い方位を提供してこのクラシックの酒の飲む機会を理解します。

キャリヤーを読みます:版と数字版を印刷します

各言語の種類ブランパンの定期刊行物《Lettres du Brassus》は全てとても無料なロープは読んで、読者は受け取るを通じて(通って)版を印刷してあるいはアップルの応用店を訪問することができて、“ブランパンの図書館”のiPadアプリケーション(Blancpain Library)をダウンロードして無料でダウンロードして閲覧を行います。数字版の定期刊行物はまた(まだ)動画の短編映画が設置されていて補充と読んで、内容は更に豊富で精確です。その他に、読者もウェブサイトを通じて(通って)オンラインで購読することができて、あるいはブランパンのブランドの専売店に手紙を送っておよび、販売店に権限を授けて無料で請求します。