スポーツは表して、そして機能がと設計するのが重いです

紳士の運動する腕時計にとって、今まですべて更に重い機能と技巧で、軽くなって思いを設計します。しかしこれはひとつのが一面にすべて流行する年代を言うので、流行の紳士は期待するの内外の兼ねて修理する腕時計で、内部機能だけではないのがずいぶん多く取るのが精密で、設計の上で新しい工夫をこらさなければなりません。恐らくスポーツのため安全な原因、円形はずっと運動する腕時計のメイン形です。今年にあって、紳士の運動する腕時計は角しかも更に“大きい”がありを始めます。甚だしきに至っては4の四角形の腕時計は変遷は六角形、8辺の形になって、男性の気丈なのを明らかに示して、楕円形あるいは不規則な円形は男性のやさしい1面を表示して、計略一部でまた(まだ)アーチ型などを採用して設計が、からだを表しをさせて更に計略を貼りに馬力をかけます。色の方面で、紳士の運動する腕時計もとてもクール濃い色係を直しますと、ダイダイ色、赤色のこんなに富む激情の色に参加して、運動する激情と動感と補佐して互いに被ります。形と色が絶えず求めるのが流行する以外、時計の文字盤の設計も極力アイデア性を体現しています。上を宣伝していて、同じくよくスポーツのスターにそのためにムードを高めに来るように招待して、その原因を追求して、ただスピード、激情、力と時間の衝突だけ、正に個人の趣味とスターの模範があったためで、同じくスポーツの腕時計に各自で異なる独特な美感を現させます。
スポーツの潮流の時代、正装のスポーツはすでにとても厳格な境界線がありませんでした。流行っていて大きく表して、大きい正装は比較的受けにくくて、大いに運動して必ずしなければならないです。普通のプレーヤーとして、私達はこのように理解します:デザインのスポーツと表して、大中小のサイズがあって、大きいのを選ぶのが間違いません。たとえば大きいセイウチ、大きい遊覧船。パテック・フィリップは5167あって、私達は基本的に5165見ることはでき(ありえ)なかったです。“紳士だけのために設ける”のIWC、運動して主なになって、その人をつけてそんなことはない1日中立派な服装。《国家の秘蔵の宝物》中、ニコラスと凱の珍しい水の幽霊は洋服を掛けて、そして士多店の妹に厳かに彼のロレックスを紹介します。
“正装があるのが右、左に運動して”、それなら左は上等品のために運動しましょう!冗談。実は、正装は、スポーツはもともと場所と服装の制限を受けてもよくてもよいです。もしも大好きなことから言って、本人はスポーツを選んで表して、原因はとても簡単で、自分に適合します。一方、スポーツ、体つき、服装の習慣を心から愛して私とスポーツを見事に使って間を表して互いにしみ込んでいる調和がとれています。一方、多くの場合は手首の上のスポーツは私の外で現したのDNAと同じに表して、ステルスする名刺の効果を果たすことができました。スポーツが運動するのが生活中ので不可欠なことに従って、私が運動して筆頭になりたいこの生れながらの優れた容姿があるべきで、少なくとも受け手の群体は最大でであるべきで、もし正装とスポーツに高下を比べなければ、私はテーマのからそれて聞くことしかできません:あなたは1人当たりがすべて正装するそうでなければなりませんか?それとも1人当たりはすべて運動しなければなりませんか?敬慕するスポーツのモデルの代表を言って、私は個人にHOYAに向って敬礼するようにただ代表するだけ。ダイコンのハクサイはそれぞれある程度好きで、私はHOYAの愛に対して全く縁から、また(まだ)なぜかのそんなにHOYAのブランド時初めを覚えていて、先生は私に1匹のHOYAの専用工具をあげるのを奨励して、私にHOYAの縁をかたく信じさせてと、その後HOYAのゆるがすことができないのが心から愛するのに対して換えてきました。今最も買いたい1匹のスポーツが表すのはHOYAがアカザを押さえて1887引き延ばすです。多分年齢段の原因と個人のふだんの趣味の関係で、私は比較的運動して表すことが好きで、個は大量に足りて、かっこいくて、感をつけるのが十分です。普通のプレーヤーとしてもっと高い要求がなくて、正装は1匹について表して、スポーツは2匹表。