バーゼルは展の“中国化”の騒動を表します

去年全世界の金融危機に影響させられて、バーゼルが展の展示に参加する人員、会議・展示の規模と往年を表すのは皆大幅に水にぬれると縮みを比較して、“人気が下がって、巧みで完璧でもとのままだ”を指されます。年表展の組織委員会の早めの4個は多い月公式サイトの上で英文、フランス語、中国語、日本語、イタリアの文の各種の文字で今全世界の時計と真珠や宝石展示業者に一斉にバーゼルに集まるように招待して、全世界の時計の盛会を迎えます。組織委員会が情報公開に関連している中から知って、今年2000余りが時計、アクセサリー、宝石から来て業界に関連している展示業者とバーゼルで彼らの革新と改革の製品を展示したと予想して、オメガ、ブランパン、ロンジン、施華洛が世高級のブランドの時計が珍しくて各自の2010の新作を持っていて2010バーゼルに見得を切て展を表すでしょう。バーゼルに来る100の国家10万数名の見学者があるでしょうと予想して、全世界のトップクラスの時計と真珠や宝石の業界の最新の流行っている傾向とアイデア設計の理念を得ます。調査によると、すでに組団して展示に参加する今年のバーゼル展を表す多くの国内の時計の供給商がありました。いくつか会議・展示会社も早く準備しておいて展示業者になってスイスに向かうサービスを提供します。