CHANELの出す陶磁器の腕時計

このような激しく沸き立つ潮が満ちてくる下、ハイテクの陶磁器は次のバラの金の人気がある候補であるようです。当時CHANELがブランドの第ひとつの陶磁器の腕時計を出した時、でも新素材の陶磁器はこのファッションのブランドとするに腕時計の笑わせどころの元素を出されます。しかし今のハイテクの陶磁器はブランドJ12シリーズの標識の材質になるだけではなくて、更にCHANELがますます専門の表を作成する道に上がりに伴います。バーゼルに目を向けて、多いブランドでよく売れてモデルの中の陶磁器の腕時計のかすかに既存の攻略の新しい市場の形勢を表しが現れて、各種の新しい形態の陶磁器の材質はもっと展を表して多くの高潮を持ってきます。

皮膚の色のバラの金を際立たせます
まるで新しい生地のファッションの月曜日で類、全く新しいハイテクの材質はきっとブランド更には市場のために話題を持ってきます。もしも時計界にここ10年来どんな種類の材質の腕時計が増加したのが最も多いをの聞いて、バラの金は少しも疑問がない解答です。黄金と異なって、バラの金はピンクの金属光沢を少し付けて更にアジア人の皮膚を際立たせて、貴金属の性質はきわめて良い流行と力を表現してバラの金の上で貴重な平衡に達して、更にこのような金属をそれぞれ大きいブランドのアジア市場に広く開拓する鋭利な武器にならせます。しかしバラの金はほとんど氾濫の今日だ人々はとっくに審美疲労だ新しい1年ため中で再度大幅に増加、新素材の突破がすでに妨げてはいけない傾向を実現します。