ブライトリングのすべての情は“人を飛ぶ”のイブ・羅西を支持します(Yves Rossy)

ブライトリングのすべての情の支持する“人を飛ぶ”のイブ・羅西(Yves Rossy)から、ジェット式の飛行する翼の空中で飛行した勇者を自製するに頼って(寄りかかって)ただ世界で唯一の1人だけです。彼は元の戦闘機のパイロットで、スイス国際航空会社の機長を担当していて、今のところ更に“人を飛ぶ”の評判で全世界に動きます。こちらは素質の飛行前衛を高く備えて、ただ頼って4つのエア(スプレー)を吹き出すエンジンの飛行の翼を積載するだけ、旋回する空の果ては、は小鳥のように思うままにこのように唯一の扉の特技は更に飛行の極限の勇敢な挑戦に対して!

ジェット式の動力に頼って飛行して翼飛び回るため、全体の過程が尋常でなくて、恐怖感を与えてエキサイティングです。イブ・羅西は飛行機あるいはヘリコプターに乗って高い空に上がって、機内が飛行の翼を背負う、飛行機踏み板所で飛行する翼のエンジンをスタートさせる、2000メートルから左右の高い空は次に跳ねますと。大体1500mの高さまで下がって飛行の姿勢をうまく調整した後に、彼は石油の操縦桿を制御するを通じて(通って)を、馬力の高速飛行を増大します。持続的に約10分の飛行過程で、飛行する翼は翼で、目はカーナビで、体は飛行高度と方向の操縦桿を制御するのです。燃料が消耗し尽くした後に、“人を飛ぶ”は落下傘を開けて落ち着いて着陸して方位を予定していて、完成して視覚、精確で比類がない伝奇の飛行に震撼します。