ロレックスの新しい衣服ですか?皮バンドDIY課程

昨日さらに半袖の大きいパンツの外出する嘚瑟を身につけていて、今日どうしても毛糸のセーターに替えなければなりません。何回の雨は気温を直接約6度抑えて、だから、天気はこんなに寒くて、グロックの皮バンドに来ましょうか?夏また(まだ)むっとするゴムテープが今心地良くてたくさんになったのを予想すると感じて、しかし時には同じく氷が氷のように冷たくて、だからこのレプリカ時計ような時の皮バンドはについてACD(ゲームの中核心物理に立って出力して、重要な役)を演じました。

皮バンドは非常のカジュアルコーデーの材質で、質感は快適な適度に同じくないのが選びと、更にこともあろうに見たところ金属の材質を比べて多くそんなに少しも温めて、人をもさせて(つける者)が更に親しくしやすいと感じます。

図の中のロレックスの“百事の小屋”に行くようで、とても良い例です:乾燥している秋冬NATO腕時計のバンドの独特な粒状感はいくらかあって手をつぶして、金属のは見たところ身震いしました……いつも皮バンドを買う予算の上にある程度よく考慮しなければならないがのあって、いわゆる“自分で着手していて、衣食が満ち足りています。”もしも試みるのとを考慮するようにしたらどうなDIY課程がありますか?

先に何枚の手作業の腕時計のバンドの画像を入れて手工芸の愛好者を少し誘惑します:

これらはすべて大いに(ある方面の水準が驚異的だ)専門の表を作成する職人の手に触れて甚だしきに至ってはつくったので、新米として自然にちょっとこのような段位に達することができなくて、心配しないでください、筆者は見つかって初心者の実用的な課程に適合して、以下の部分を見てください:

材料:比較的厚い皮革、はさみ、は板を切断して、ねじ回し、太い針、自由にあなたの好きな丈夫な縄/線。

流れを操作します:家の中の既存の腕時計のバンドを比較して裁断して、それからねじ回しを使ってその上でパンチします。(このようなスピードが速くて、間隔はまた比較的均等に)は上図のようにNATOで参考を行いを提案して、或いはさすがにゴムのが皮質ので、手が震えるとのは1つの修復することができない穴です。

その後耳、鈎針(時計軸)を表しておよび、ボタンを表しを横切って、図の通りだのが折り返しで両端につきあって縫い合わせる固定的で、1条は原始の風情の手があって腕時計のバンドを行って誕生しました。材料のどこに探す問題となると……国内に“万能なある宝”があって、あなたは楽しい操作の流れを持つことを祈って、同時にかなり完成品が図に帰りを期待します。