あれら、国民の狂う追ったことがある軽くて贅沢なブランド

王朔の《動物が狂暴だ》の小説の改作する「太陽の少年」のこの映画によって、積載して70年代のあの人の多すぎる青春思い出します。光り輝く日光の中で、1群の生活の部隊の寄り合い住宅の中の子供、楽しんでいて彼らの青春に属します。映画の中に現れる青春幻想がある、反逆者がいる、興奮がある、困惑するのがある、愛情がある、その年代の中で少年の成長もあります。

《動物が狂暴だ》中は描写するのはあの時まで周囲の環境は:“北京はまだ今これぐらいの自動車と高級ホテルがなくて、私達より大きくて何歳は農村と部隊に行って、この都市、私達に属します……”それはこの年代になにがありますか?すべてどんなの国民の気が狂って追ったことがある軽くて贅沢なブランドがありますか?

鳳凰の札あるいは飛鳩印の自転車ですか?これは70、80年代にしかし今のハンカチのサウジアラビアに相当します。この自転車があって、ほかのを言わないで、あの時の女の子はあなたの後に車の席に座って行って、必ず笑う花の枝はむやみに震えます。

それとも長虹の札あるいは北京の札のテレビですか?さすがにやっと射雕英雄伝と霍元甲を追うことができるテレビがありました!もしもあなたの財産の時に1台のテレビがあって、1棟のビルあるいは一村人がすべてぎっしりにあなたの家でたえずに見なければならないのを信じます。

それとも東方双の獅子は表しますか?腕時計はその年代の中でしかし結婚して“三種の神器”、たくさん流行のサラリーマンを求めて何ヶ月の給料を使ってひとつの東方双の獅子を争って買って表しをいとわないで、その貴重な度普通ではない。

その時代の衣食の出費の中で、これらのものはすべて正真正銘の軽くて贅沢な品物であることができます。もしもあなたはこれらのものを持って、良くての、それはあなたはみごとに私の注意を引き起こしました!