万国のポルトガルのシリーズの“逸品のミュンヘン”の両は針の時間単位の計算の限定版の腕時計を追います

ポルトガルのシリーズの“逸品のミュンヘン”の両が針の時間単位の計算の限定版の腕時計(型番:IW371217)と為め書きの“逸品のミラノ”が多くの細部が比較するかある上を追うのが異なりました。その時計は直接40.9ミリメートルで、殻を表す材質はステンレス(時計が辺鄙で同じだ)で、同様によく合って金属光沢の青い時計の文字盤がありますが、しかしこのミュンヘンの腕時計の青いのがきっと要するのが少し深くて、いっそう熟していて、神秘的な魅力を満たします。時標識は目盛りと銀色になって、しかし12時の30分の時間単位の計算皿のポインターは中央の秒針と皆赤色になって、強めて性を読みやすいです。その他に、腕時計は配備するの青いワニの皮バンドで、更にロマンチックな風格を現します。腕時計はキャンセルしてスピードを測って距離測定をして機能、時間単位の計算機能と時間単位の計算皿の分布が不変で、チップも同様にですCal.76240。材質と盤面の違いを除いて、両者の最大の違いは、この腕時計のステンレスが背負う図案を表すのはミュンヘン聖母大聖堂(Münchner Frauenkirche)です。250制限して、同様にドイツのミュンヘン専売店にただ売るだけがいて、しかし価格は吸引力の多いのロレックススーパーコピーがいて、売価は11900ユーロです。