3は表す時間を知らせる機能の構造に発展するのを今なおすでにかなり成熟した聞いて

3は表す時間を知らせる機能の構造に発展するのを今なおすでにかなり成熟した聞いて、機械の構築は大体多すぎる変化があることはでき(ありえ)ないです。

時計のは時間を知らせて17世紀に発明にから設置して、多すぎる年の発展はこのような歯ざおとカタツムリの形のカムの構成する機械の構築を利用して今なおすでにかなり成熟しました、そのためLouisBrandt &Frereは1892年に第1がただ3だけ搭載して時間を知らせる機能の腕時計を聞きを出す時、チップ(愛の相手の製造から)の採用した便は懐中時計の時代の時間を知らせる構造から移植するので、かつ今なおそのまま用います。そのため今ブランドは3発展していて表す重点を聞いて、多く重点的に時間を知らせる楽音のは現れています。

謎を表しにとって、3は腕時計の時間を知らせる楽音にブランドの技術の水準を象徴するだけではないをの聞いて、更に直接感情の上の共鳴に影響を及ぼすことができて、だから愛玩する楽しみを増加しました。理想的な時間を知らせる楽音はできるだけ必ず歯車の運行する雑音障害を下げなければならなくて、音質は澄みきっていて高らかに響き渡って、同時にブランドの技術の実力と性格が現れるのを更に1歩進めます。そのため先進的な技術技術を運用して、対応して音の金槌、音のリードを含んで、および速度変調の構造の含めるいくつ(か)の影響の時間を知らせる楽音の核心素子は改良して、時間を知らせる楽音の品質を高める、3が時間を知らせる腕時計に更に鮮明な性格を聞きを与えます。

音のリードの固定的な方法の改良は共振の効果を変えることができます。バセロン・コンスタンチンの1731チップはチップの連結する音のリードの充電器と殻のつながる部分を延びだして表すでしょう、時間を知らせる音の順次伝える共振の効果を高めます

音のリードの長さは時の音調と強さの外に影響して、音のリードのホルマントは音質に対して一定影響もあります。現在のロレックスコピーところは続々と四角形の切断面の音のリードに変更して使用する多くのブランドがあって、音の金槌の接触する面積を増大してと音の強さを高めに来を利用します。

速度変調の構造は時間を知らせる構造の中でリズムの装置を決定するので、でも運行する時の騒音も妨害の時間を知らせる音質の元凶で、そのため現在のところのブランドはすべてこの構造に対して改良します。