“グローの時計”に見聞を広めたことがあって、表してもう新しい種類を遊んだことができません

今の腕時計だんだん“まともではない”と思う人がいました!なぜかというと、今の腕時計は確かに命令取出し時間だけではありませんために、多い職に兼ねるので、妹をすごいふりをして、まくことができます;収集、値上がりするのことができます;流行の組み合わせとして存在することができるだけではなくて、芸術品としてまた(まだ)現れることができます。このレプリカ時計ように見たところ、私達の時間は確かにだんだん遊んだのです!

みんなはすでに陀はずみ車のペンと袖ボタンを設置しているのを見たことがあって、形態のそれぞれ異なっている現代の時計にも会って、しかしみんなはまた(まだ)他のに会ったことがあってクールグローの時計をまぶしく刺すべきです。

グローの時計はやはり(それとも)とても人気のがあって、多くの人もすべて自分が着手して作ることができます。その前の2年間のアニメ・漫画の神は《運命の石の扉》を行います(当然な映画の中でどうして恐らく“グローの時計”のこのように気さくな名前を呼んで、中の2病気は“世の境界線の変動率探測器”のに言わせます!)、もグローの時計のブームを動かしたのを信じます。

いわゆるグローの時計、文字通りな光のライトパイプの一定は主役です。光のライトパイプもグロー放電管を言って、“冷陰極のイオン管”あるいは“冷陰極のガス管”とも称する人がいます。
光のライトパイプの全体は気体のグローの放電する原理働くイオン管を利用するので、指示は電子回路の中で、しっかりしてい効果をおさえます。仕事の時、担当区域内は明らかなグローが発生します。グローの色は担当区域内で気体の成分を担当したのを決定して、もしネオンは赤色を現す、アルゴンは浅い紫色を現して、水銀はコロンビアブルーを現して、ヘリウムはピンク色などを現します。

よくあるグロー放電管は、定電圧ダイオードなどを管理するネオンがあって、しかし現代技術の発展に従って、光のライトパイプは次第に性能はいっそう高い効率だに、価格のもっと安いLEDは取って代わりました。しかし元来時代淘汰する光のライトパイプにべきで、時間がつながっていっしょにいた後にと、近代的なネットになったのが赤いです!