盛んな刺し縫いする海は全く新しい酉年に生まれ年の腕時計が独特な趣に満ちあふれるのを出します

12月14日のニュース、Luminor 1950 Sealand 3 Days Automatic Acciaio–44ミリメートルの3日の動力貯蓄する自動的に精密な鋼名の時計の上の精致な浮き彫り、イタリアの彫刻芸術の職人の名人から彫り刻んでなって、これを盛んな刺し縫いする海の酉年に限定版の腕時計が独特な趣に満ちあふれさせます。盛んな刺し縫いする海は2009年に中国の12生まれ年の伝統がシリーズを出しためを称揚する、全く新しい酉年に腕時計はシリーズの第9モデルの作品で、丑年、寅年、卯年、辰年、巳年、午年、未年および申年以降で再度Luminor1950で継ぎます Sealandは原本を創作するで、2017年1月28日の酉年のご光臨を喜んで迎えます。

ニワトリは12生まれ年の中で最も活力があるのおよび、意志が固い代表の中の一つで、何にも屈しない精神を象徴します。肖のニワトリの人がよく論じるのを言うことができる、恐れることがないなしが怖がる、アイデアが十分で、独立自主、同時にみんなの焦点になることが好きです。この限定版の腕時計は気丈で高尚・上品な特質を持って、十分にこの生まれ年異なる個性を反映してと、通して閉じの優雅な雄鶏の浮き彫りを表す余すところないにの表れて、浮き彫り設計は材料をとって伝統の東方のイメージから学びます。

限定版の99の腕時計が皆優秀なイタリアから職人の利用を彫刻して“sparsello”の古い技巧といって手作業で彫り刻んでなって、この技巧はそれによって飾ってふたの特別な道具を表すのフランクミュラーコピーため名声を得ます。職人は先に精密な鋼の上でグルーブを彫刻して、また重層の平行する金の糸を組み込んで、それから綿密に金槌をコピーして装飾して、金の糸に全くグルーブを全て書き込ませて、雄鶏のアウトラインと精致な装飾を描き出します。金の糸が派手な工程をはめ込んですでに彫り刻んで磨き上げた表す閉じで必ず行わなければならないため、糸の時にいかなるかすかな誤りをはめ込んで、皆破壊がふたを表しができて、これまでの苦労が水の泡になりを招いて、それゆえにただ極致の巧みで完璧な技術の職人を掌握するのがようやく任に堪えることができます。

下へかぶせてグレーの時計の文字盤を隠しを表しを彫り刻んで、アラビア数字、線形の時に標識と夜光が少し丸くて簡潔に読みやすくて、時計の文字盤は9時に方位は小さい秒の皿が設置されていて、3時に方位は期日のディスプレイウィンドウが設置されています。背面をかぶせて鏡(さん)が設置されているのを表して、組み合わせて艶消しでさびないで精密な鋼の鋳造する44ミリメートルのLuminor1950殻を表します。

新しい腕時計はP.を搭載します9000の自動チップ、盛んな納海諾沙泰爾時計工場から研究開発を自製します。チップは堅固で信頼できて、3日の動力を配備して双方向の上で陀鎖を貯蓄して、並べてしかし、チップが更に用意して時間早く機能を加減するのがいて、期日もの対聯と調整に動きます。

Luminor 1950 Sealand 3 Days AutomaticAcciaio–44ミリメートルの3日の動力は貯蓄するのは自動的に精密な鋼の腕時計(PAM00852)の防水の深さは10巴(約100メートル)に達して、茶褐色の柔らかい皮バンドによく合って、別に予備の黒色のゴムの腕時計のバンドを付け加えて、腕時計のバンドの道具とドライバーを替えて、沛納海専売店で独占で発売します。