ジャークの独ルーマニアのひすいの35ミリメートルの頃の小針皿の腕時計

青竹法のからだの青い波の淵、垂らすのが精巧ではっきりしている色彩を現すつやがあります

ひすい(Jadeite)、ひすいの玉、青緑色の玉、ミャンマーの玉をも語って、玉のです。私達よくあるだのも最も聞き覚えがある玉の名前の中の一つです。ひすいは自然と人に自ら抜け出すことができない美学があって、深く隠れて底、つまり時間どのように襲って、すべて少しもひすいの魅力を浪費することはできません。ジャークの独ルーマニアのブランド時計コピー表を作成する大家達はひすいの青緑色の光芒を捕らえて、それによって腕時計の時計の文字盤を飾って、ジャークの独ルーマニアのひすいを製造して35ミリメートルの頃に小針皿名が(PetiteHeure Minute 35mmJadeite)を表して、本来は粗い材料のもと石経が入念に彫り刻んで磨き上げた後に、意外にも感心したのに現れ出るのがたいへんきれいです。

35ミリメートルの時計の文字盤、山の上で雪のようだ“白いをの使って、新鮮で緑雲のかたまり”のようだまた適合することができなかったのを形容しに来て、ひすいのもと石の真っ白な材質の中で、浮遊状態青緑色の色、白得太はあまりにも明らかで、青緑色見える色は更に辛くて、またよく合って18K赤い金で殻を表して、金環とポインター、まるでひすいをゴールドにあった上に埋め込みして、ちょうど“金が玉を埋め込みする”の美談、黄金の温かみがひすいのすっかり理解して澄みきっているのがしなやかでと、担当して時間速く過ぎるのに、耽美のもとのままな詩情の美しい景色ぶつかります。ジャークの独ルーマニアのひすいの35ミリメートルの頃の小針皿の腕時計、ひすいを象眼して、緑色の絹によく合って持って、緑の水の白沙、垂らすのが現す精巧で、まるで手首の間で多くなった1段の詩の境地のストーリを譲って、間もなく軽く朱の唇を開けて弁舌さわやかに語ります。