全く新しいCH28-520HUは自動的に鎖のチップに行きます

さすがに、典型的なグリニッジ標準時の腕時計は秒針がなくて、しかし回すことができる城巿が設置されていて皿がおよび24時間回して輪を表示することができるのを表示して、標準時区を展示して城巿名称とこの城巿の時間を代表します;時間単位の計算のストップ・ウオッチは目盛りと30分の計算器に入る中央の時間単位の計算の秒針、秒があって、これより分かるのは、グリニッジ標準時の時間単位の計算のストップ・ウオッチの表面の上にたくさん移動して表示があって、別れて自動的に鎖時間単位の計算のガガミラノスーパーコピーチップとグリニッジ標準時装置に行くから駆動して、両者は全く必ず解け合わなければならなくて、連れ立って運営します。

結果、パテック・フィリップは全く新しいCH28-520HUを開発して自動的に鎖のチップに行きます。 CH28-520PSに基づいて自動的に鎖の時間単位の計算のストップ・ウオッチのチップ(用意してガイドポストの車輪の時間単位の計算の構造と垂直のクラッチがある)とパテック・フィリップのグリニッジ標準時に行ってモジュールを設置して解け合って来と言えますが、しかしこのチップは通って大規模変更して、巻いた糸を移転して、改めて板橋をはさんでそして橋からだの厚さを減らしを設計して、また0件数を減らして、全く新しいチップと称するのはまたオーバーではありません。