表TIPSを選びます

どう1モデル選んで自分の身分に適合して、また自分で風格と掛ける腕時計ですか?以下は記者の3時(点)に提案するので、参考にしてください。

実用性

文字通りで、実用的な人をえこひいきしてたいへんイタリアの腕時計の機能性と使用性にあります。1匹のうわべ設計がすばらしくて、チップのすぐれて良い彫刻の精巧で美しい腕時計、もしもも彼らをさせて再三ためらう付加で実用的な機能がありません。しかし逆にして、もしも1匹の各方面設計のすべてとてもすばらしい3針の時計、時間単位の計算機能を備えてあるいはただ1つのカレンダーだけが多く出て表示して、でも彼に迷いもなくそれを買い取らせます。時には、このような人がイギリスビッグ・ベンのように執着して、しかしこれは欠点ではなくて、“実務に励む”が彼の最終選択を制御しているのです。

享楽性

享楽の原則をあがめ尊ぶ人は“人生が得意げなのが最も勢いが良くなければならない”の信条の忠実な支持者です。彼らの心の中で、腕時計も1件の機械的な玩具で、随時随所に楽しみを持ってこなければなりません。彼らにとって、腕時計がすばらしいうわべとチップがあるのがまだ足りないで、同時にいくつかの特に設計する小機関と小さい機能がまだ必要です。十分な革新性の小機関と小さい機能があって最初の肝心な時間にの内でさらって彼らの心を得ます。このような男は楽観的で明るく広々としている心理状態を持って、自分がずっと幸運な星の環に覆われたのを渇望します。このような心理状態があって、自然と自信を満たして、自信があって、すでに半分成功しました。

装飾性

1種類の時計の謎があって、腕時計を選ぶ時いっそう及び華麗な程度で腕時計の外観を重視します。様子比較すると、腕時計の実用的な機能は彼らにとってそう重要になったのに見えます。彼らは腕時計の機能が単一であることを許すことができて、同じく固執してチップでことができないで、しかし腕時計の外観は必ず精巧で美しくなければならなくてしかも華麗です。このようなしかなくて、重要なイベントに出席する時、手首の上の腕時計は十分にようやくきらめくことができて、かつ気高い身分と当てはまります。言う人がいます:男の真珠や宝石は結婚指輪と腕時計しかありません。彼らはこの言い方を認めて、そのためその他の人に比べていっそう腕時計の装飾性を重視します。

名詞は釈明します

腕時計、また腕時計を言います。すぐ計略の上それによって時間単位の計算の道具でつけます。社交場所で、腕時計をつけて、通常時間の観念が強くて、方法が厳格なことを意味します;腕時計の人をつけないで、或いはややもすれば他人の時間を尋ねる人に向って、いつも人に鼻であしらわせて、これが多くその時間の観念が強くないのを表明するためです。いくつか社交儀礼の場所に出席して、1モデルの正統的でシンプルな風格の集まる高純度の寒い色調の腕時計をつけて、あなた更に一般のものとは異なりに見えます!