オリスが大きくて全世界の初の深さを捧げて潜む水道のメーターを測量します

いわゆる深さは潜む水道のメーターを測量して、文字通りで潜水することができる時測量して位置の水の深さの情況の潜む水道のメーターにつきあいました。オリスが2013年は大きくて捧げて、全世界の初のこの種類技術の腕時計を出しました。

深さが潜む水道のメーターの製作を測量するのから言ってまた(まだ)たいへん複雑で、それの採用したサファイアのガラスの水晶の鏡映面は通常の腕時計の採用する厚さに比べて厚いをの約50パーセント要して、腕時計の12時の中心の位置がひとつの設計して専門的に水を入って磨き上げるのに導くのが円形であることに用いる内に小屋を表して、水が表して閉じ込めるのに入る時逆な時計の方向は前進するでしょう、最後に2時の中と時計の文字盤の1時間に滞在します。ダイビングの深さの増加に従って、水圧も強めるのに従って、水に12時の位置の孔(さん)から入るでしょう、内側レースの中でパイプの色を見るため水深の標記する方法を識別して、深い/ウススミの増減を運用して現在のところの水深を表します。

この腕時計は波のイタリアの耳の法則は(定量の定温の下でによって、理想気体の体積と気体の圧力の強さが反比例になります。恒温の下で、気体の圧力の強さと体積は逆関係になります。公式はV=C/Pで、その中のVは気体の体積、Cが常数のため、Pが圧力の強さのため)ために設計して、現在のところのこの技術の特許がすでに世界のダイビングに力を合わせてRevolutionisingが特許を申請するのができます。