Fossilは2.6億ドル買い付けるしかし服装メーカーMisfitで

11月13日の情報、外国のメディアの報道によると、全世界の第3大腕時計グループの富思(Fossil)のグループは現地で時間の木曜日に政府のBloggerを通じて(通って)宣言して、この会社は2.6億ドルの価格で健康な監視測定しかし服装のメーカーMisfitを買い付けるのに賛成します。

つい最近富思才はFossilQに頼ってしかし服装の領域に足を踏み入れて、この製品は1モデルがイベントの追跡する器をはめ込んでそしてスマートフォンの接続機能の伝統の腕時計があるのとです。それ以外に、知能服装の領域の中で、富思はまた(まだ)専有の腕輪の風格の健康な測定設備を出しました。このCLAS(2,3)のMisfitを買い付ける取引は伝統の腕時計メーカーの富思にかかった費用の巨大な研究開発周期を跳んだことがあるように助けることができて、製品を加速して発展して、もっと良くAppleWatchなどの1種類のハイテク製品と競争します。

Misfitは前アップルCEOジョン・斯カリ(JohnSculley)から共同で創立して、本ラウンドの取引中で、この会社は富思がその雲の貯蔵と携帯電話端を訪問してプラットフォームを使用するのを許しに賛成して、および1人の豊富な経験を持ったハードウエアチームとソフトウェアの技師を獲得します。本質は、富思は一つの専属の注文して作らせる科学技術のプラットフォームを購入したのと言えます。現在までのところ、Misfitは服装の領域はすでに2年以上の市場経験があることができて、業界の主導者Fibit、Jawboneと形成して対抗します。

Misfit創始者兼CEO桑の尼・黒い(SonnyVu)は表して、今後にある製品は研究開発して、会社は自身の蓄積した技術、ユーザーをデータに体験してと富思の特徴の設計、風格の継目なしを満たして統合するでしょう、全く新しい製品を出します。

富思は表して、この会社計画は2016年に内在するMisfitの技術は所属の16のブランドの中まで(に)解け合って、FossilとSkagen腕時計を含みます。富思は新製品を出しを求めるのなだけではなくて、その上Misfitの技術に助けを借りて新しいブランドと企業を製造して協力を望むので、音楽、フィットネス、健康管理と科学技術の業界などの領域を含みます。

最後、このCLAS(2,3)の2.6億ドルの取引は2015年末前にに完成して、その時富思は全面的にMisfitを接収管理するのを、桑の尼・黒いから理事長と知能設備の最高技術責任者(CTO)を担当します。