2モデルの全く新しいSAXONIA腕時計は同時に登場します

近日改めて設計するランゲSAXONIAシリーズを通じて(通って)、また二人の新しい成員を増やします。このクラシックの3針の設計を結び付ける腕時計、それぞれ37ミリメートルの白色の18K金あるいは18Kバラの金によく合って殻を表して、両者は皆気高いグレーの時計の文字盤を配備します。同時に、2モデルの腕時計はただ全世界の15軒のランゲ専売店だけに限られて発売します。

20数年来、SAXONIAはずっと薩克森ランゲ時計工場のブランドが中の一つを表すのです。これは優雅な息のシリーズに満ちあふれても絶えず広く開拓して、原型の両ポインター設計上で、だんだんカレンダーと時間単位の計算などの機能を溶け込みます。

37ミリメートルのSAXONIA18Kバラの金/白色の18K金のモデルはグレーの時計の文字盤を配合します

ランゲは1月の開催のジュネーブ国際高級な時計展の上で、初めてSAXONIAシリーズの全く新しい時計の文字盤設計を献呈します。最新の研究開発のの分の目盛りは時計の文字盤の明瞭度と調和がとれている度を高めました。3、6、9と12時で位置の両のすばらしい形を設けてグロックの目盛りをはめ込んで、およびいくらか増加した分の目盛り、時計の文字盤設計を更に際立っていさせます。

あたたかくて人を魅惑する18Kバラの金と落ち着いていてモダンな白色の18K金は殻を表して皆あっさりして上品なグレーの時計の文字盤によく合います。ランゲの自制するL941.1型は手動で鎖のチップに行って45時間続く動力を提供して貯蓄して、精密で信頼できます。この手製で精致なチップは手製で並べて添え板などのランゲの表を作成する技巧のすばらしい元素に順番に当たりを彫刻するのを結び付けて、腕時計ごとにをただ1つの貴重な品にならせます。