創作と時代:このように深くこの時代組み込んで、それなのにこのように相容れません

錦華先生をつけても長期にわたりネット文学に関心を持って、“全体はネットワークの創作は新しいメディアの下で現れる天然の資本化と市場化の創作の方法です。あのようなで方法の中に文章を書いて、読者、作者、テキスト、テキストの外はすべてすでにはっきりしている境を喪失しました。あれらの小説を読む時、私は1つの全くよく知らない文化の論理、価値の世界まで(に)遭遇して、私の体にすでに極度でよく知らないのを見分けてと私にとって依然として激変の中の世界があらせる。”厳粛な作品に直面して可読性の問題がなおあるかどうか、彼女は謙虚に自分の文壇に入る唯一の資本が先輩の読者の身分だと語って、“もしストーリに頼らなかったら、頼らないで事柄を叙述して、文学は依然として恐らく可読性を持って、私達の聞くのは、事柄を叙述するのは何ですか?人類は依然として弾き語りをする人が必要なのではありませんか?ストーリはどこにありますか?すでに移転してたとえばのネット文学そのように分かりやすさ性の創作の中まで(に)行ったのではありませんか?すべてのこれらの問題は私は解答がありません。しかしあなたが1部の優秀な文学作品に出会う時、あなたの心の明るい胃袋は知っていて、この時のすべての標準はすべて無効になって、すべての区はあけてすべて消えてなくなりました。本当に優秀な文学作品は必ず可読性があって、このような可読性のそれの自身習慣が一般化したの、定義に。”

賈のクスノキの柯先生も動画を通して出して評価して表彰します過程での感銘:“私やはり(それとも)比較的重点的に青年の1世代の作家と現実的な関係、および彼らはワード処理の現実的な能力を通します。私達の1人当たりはすべてからだは現実の中であって、喜怒哀楽はすべてそれとと関係があります、しかしこのような現実を経験するのに行く能力があるのとは限らなくて、私達のマスコミを通して力強くて、正確に伝達してする能力があることができますとは限りません。今年の5部の入選する小説、形式はどのようですかであろうと、しかしすべて個人、個人と現実的な間の関係で指します。この数年に言い方があって、文学が落ちぶれたと言って、だから中国の映画も落ちぶれました。これは私は認可しないで、文学が衰弱していないため、恐らく文学のいっそうの文学化ため、いっそう映画を改作しにくくて、文学の本体を堅持したためです。この角度から言って、私は喜んで文学が巨大な創造力がありを見て、特に形式から内容の正確性まで(に)現実的な生存の能力、を感知しますおよび。監督として、これらの作品の中から私は多くのものを習いました。”

黄の子の平らな先生は“同じ時代人”の概念を再びむしかえして、時代ひびが入る時文学が運動するのが現れると思って、作家は運動する1分子にして大量に現れたので、ルネッサンスの時期のヨーロッパ、しかし19世紀のロシア、前世紀の40年代の南米は、今日のこの微粒化の時代にあって、作家はすべてが現れたので、“5つの入選することの青年の作家はほとんど異なる道にいって文学ここに来て、彼らは特にこの時代のあのような微粒化の傾向を表示することができて、彼らは確かに私達よりその時代が更に孤独で、更に孤独です。時代人の重要なのと境界を区切るのは彼がこのように深くこの時代まで中を組み込むのであるで、しかしまた引き裂かれた時代彼を少し相容れなくならせて、時代の外で、しかし至る所時宜に合わないにの見えて、だからやっとこの時代の暗黒の光を感じることができます。”

張は春に先生が引用して維―ストラウスを並べる80年代の話、“今後聴衆缶のビートルズ時、ベートーベンの音楽の感銘は”は、利用して自分の文学と時代、地域に対する感銘を開きを耳にする18、19世紀の人があります:“私達が各種の文学の形式に直面している時に、分かりやすいのが甚だしきに至っては俗っぽいのランゲ&ゾーネコピーを含んで、あるいは厳粛でで、あるいは文化産業に属したので、あるいは理想を創造するのと自分に属する個人の風格で、正直に私達がたぶん歴史、について文化の全体の環境の構造的の考えについてすべていなくてはならないと言います。つまり、私達がまさか見分けることはできなくて私達と時代に確かにクラシックがありますか?この時間性の問題から地域性の問題まで(に)切って、すべての文学の研究者はたぶんすべて知っていて、小説があるのは風習の小説あるいは地域の小説といって、小説は地域を離れられないで、小説に似ていて個人を離れられないで、あるいはみんなのよく知っている文化の環境です。しかし感動させる小説は永遠にこの風習を越えて、あるいはいわゆる風習の概念の下は更に豊富な意味がまだあって、その上よく抜群に優れている各地の豪傑は一部性を越えることができて、読者に世界的更に豊富なのを見させましたもっと多い、。”

道の内で先生は創作者の世代の時の相違に言及する時言います:“1976年の後に、中国の変化はとても速くて、いつも70後ある、80後、90後、10年で1世代の作家の言い方に境界を区切って、このようなが境界を区切るのが正しくないだと思う言い方があってことがあって、三、50年にようやく1世代の作家を計算することができて、私は以前もこの見方を支持して、しかし最近1、2年に私は私の見方を修正していて、確かに中国で言って、10年の1世代の人の視野、観念はでもとても異なります。中国の作家の創作技術は、人物の作成、小説の構造についてすべてとても安定的で、しかしそれとも観念の違うところは実はとても大きいです。しかしこの相違の大きさ、私のは悪い事がでもなくて、この相違の大きさは私達にもっと良く自分を正視させます。1人の作家は世界に直面する以外、自己に直面する1つの任務がもあって、この自己の背後のおそらくもっと大きい経験したことがある修辞の世界。このような過程の中間で、改めて認知自己、認知のその自分に属するあの1世代の人の特徴、あれらの幸運のあるいは不幸なもの、作家の天然の任務だ、天然の使命だそうであるべきです。”