アテネは全く新しい純度の高い黄金の金のエナメルの腕時計「1グラムの魯森斯が号に登る」を表して正式に出航します

「グラムの魯森斯が号に登る」は1926年にドイツで建築して、元の名前はパドヴァ(Padua)です。1946年、この4の帆柱の帆船はソ連に戦争として弁償するのを捧げて、そしてソ連のポロの航海艦隊の船艦になります。露軍サービスのため19世紀バルト海にいるドイツの探検家Adam Johann Krusensternを紀念するため、そこで「1グラムの魯森斯が号に登る」に改名します。「グラムの魯森斯が号に登る」はたくさんの任務、旅とサービスを完成して、現在は主に1隻の訓練の船として。

正確に船艦の外観を描写するため、アテネは採用の複雑で精密な針金をつけるエナメル技術を表します──ひとつは表を作成する商と収集家の重視する技術を深く受けられます。この製作の方法、エナメルは異なる金属酸化物と相応する量を混合するのが必要で、抽出して明るいののあるいは半透明のの色調に全部出られないで、しかしその混合の成分の手続きの組成成分の比率は普通は商業の機密に属します。すべての色グロックはすべて1条の非常に細い金糸から明らかに仕切っています;500微小なものの米長の金糸を上回って作ってアウトラインの色グロックをスケッチしに来なければなりません。すべてのエナメルの時計の文字盤は50時間の表を作成する師の専門技術と26の工程を使ってやっと完成することができなければなりません。

40ミリメートルの直径「グラムの魯森斯が号に登る」エナメルの時計の文字盤の上で臨海の類の景色のようだ捕らえました。青空の青い海、危険を恐れず勇敢に前進するの、「グラムの魯森斯が号に登る」は力強く水の中で前進して、雪の白色の帆は掛けてマスト上でそよ風の中で航行して、王者の風格が現れて、最も非凡な芸術的テクニックを現します。手作業の作った18Kバラの金とプラチナはモデルを表して、UN-815を搭載して自動的に鎖のチップに行きます。腕時計はスイスの政府天文台を提供してCOSCを認証して、42時間の動力備蓄物、防水の深さは50メートルに達します。

アテネはとてもうれしいをの表してClassico純度の高い黄金の金の腕時計のシリーズのためにまた1枚の吸引力を高く備えるエナメルの腕時計を持ってくることができて、同時に「グラムの魯森斯が号に登る」に敬意をも表して、アテネを貫徹して伝統を保留しておよび、未来表を作成する技術の精神を形作りを表します。

技術の資料

30制限します

型番の8150―111―2/KRUZ18Kプラチナの材質

型番の8156―111―2/KRUZ18Kバラの金の材質

チップUN―815チップ、スイスの政府天文台は(Cを認証します.O.S.C)

動力の貯蔵約42時間

上鎖の方法は自動的に鎖のチップに行きます

機能の時、分けるの、秒

サイズの40ミリメートル

時計の文字盤の針金をつけるエナメル「グラムの魯森斯が号に登る」時計の文字盤

冠の防水時計の冠を表します

50メートル水を防ぎます

表面は磨損のサファイアのクリスタルガラスを抵抗する

背を表して表してネジ固定で設計、宝石のクリスタルガラス、を背負いを透視します

腕時計のバンドの本革の腕時計のバンド