LVMH所属のタイ格HOYAはインテルと知能腕時計協力をおすでしょう

イギリスロイター通信によって3月19日に報道して、2015年のバーゼル世界の時計の真珠や宝石博覧会の上で、豪快な華表商はどっと集まって、1波を巻き起こして協力するでしょうブーム、アップルに対してで反撃をします。LVMH所属のタイ格HOYAは知能腕時計計画をおしがあります。

業界の消息筋は語って、LVMH所属のスイスの腕時計のブランドのタイ格HOYAは宣言するのを、インテルとを協力して、協力でタイ格HOYAの1モデルを製造してたいへん腕時計の知能版によく売れます。

タイ格HOYAは2016年の秋に1モデルの知能版にアカザを押さえて腕時計を引き延ばすように出しを計画していて、位置付けを提供して、通行します距離の海抜の高さなどのたくさんとAppleWatchとと同じ機能。

最大の違うところはあって、タイ格HOYAの出すでしょう知能腕時計は全く原版の黒色をまねてアカザを押さえて製作を引き延ばします。

“人々が彼らを感じるのはつける1モデルの常規の腕時計で、”タイ格HOYAの最高経営責任者は―クロードに弗(Jean-Claude Biver)に比べてバーゼル博覧会が受けてロイターに取材させられる時言わせます。

弗語らないに比べてスウォッチグループ(UHRに賛成します.VX)最高経営責任者NickHayekの観点、後者は知能腕時計が全体の腕時計の業界を動かすでしょうと思います。

“アップルは若い人を腕時計をつけるのに慣れさせるの、それから彼らはもしかすると1モデルの本当にの腕時計を買いたくて、”弗言わないに比べて。