腕時計設計はどう重要な地位を得たのです

歳月の鍛造を経て、腕時計のメーカー達はやっと重点的にゆっくりと腕時計設計の芸術感の上で置くでしょう。これっぽっち始まったところで決して重視を受けなくて、デザイナー達もただいくつか芸術のスポーツの中のよくある理念に使います。それから、メーカー達は腕時計の設計が自分のだけあった風格があるべきなことを発見します。そのため、デザイナーは制表会社の最も肝心な人物になって、ただ良い設計が人々に買いに行くようにようやく引きつけることができるため、ようやくブランドの魂を代表することができます。今のところ、表を作成する業にとって、設計するのはすでに不可欠で、特に派手な表を作成する哲学の単独での表を作成する商に従いにとって、設計する重要性はいっそう言うまでもありません。

米国の株式市場は1929年に大きいはの市場崩壊して、その影響を受けて、自動車の製品の販売高を増加するため、米国は1度の技術の進歩のスポーツを始めて、機能が美学に比べてそんなに重要でないをの強調します。このスポーツは後で表を作成する界が石英の危機の中で作られた後にに対して捲土重来して啓発が発生して、石英の危機の後で表を作成する商はいっそう機械的な表す設計を重視します。この傾向は90年代の末と21世紀初めの腕時計の作品の中である程度現れます。

しかし表を作成する師達は近頃の芸術のスポーツについて決して風邪を引きないようで、たとえばイタリアの急進的な設計あるいはポストモダニズムの風格、このような情況は向こうへ行っていて数十年依然として続けます。新しい芸術のスポーツの風格はいくつかマイノリティーのブランドと単独で表を作成するブランドの中でただ体現しているだけ、彼らがただ高品質の限定版の腕時計だけを生産するためです。でも、これらのスポーツはデザイナーの地位を高めて、彼らは製品の実用性と技術の米を結合して、芸術の表を作成する前列を歩きました。

次第に消えてなくなる時計の文字盤とだんだん複雑になる機能はゆっくりと表を作成する大家の争って全力で勝負する分銅になって、消費者はもっと製品のデザインに複雑な機能が引きつけたのではなくなられます。このような現象は腕時計の時間単位の計算機能が淡水化するのを招いて、腕時計の服装が機能と腕時計設計の美感を飾って強めるのを求めて、腕時計は次第に個人の味わったシンボルと社会の地位になります。

今まで発展して、表を作成する師達はいつも見つかって自分のブランドの風格の設計に適合することができて、石英の危機の前で流行っている装飾の芸術のようだ簡略化します。彼らが改めて設計が多元化が必要なことを意識する時、普通に復古主義を考慮に入れて、しかし、彼らは依然として現在の技術、たとえばIT科学技術と家電製品を見落としが。彼らは以前絵画の中から霊感をくみ取って、すこし行かないで石英の危機とIT現状を使って未来を予測するのを考慮します。

今のところの表を作成する界の復古風は比較的流行っていて、いくつか石英の危機の前のすばらしいシリーズと小さい時計の文字盤設計は改めて運用するに、すばらしくもう1度時計を刻んでここ数年しきりに現れます。デザイナーはまた(まだ)工業社会の改革の中から設計の霊感をくみ取って、すべての表を作成する傾向は風格の変化を設計するのとすべて1時(点)を証明して、腕時計は高級の真珠や宝石の本質として変えることはでき(ありえ)なくて、表を作成して機械の米と技術のすばらしい設計を結び付けるのが必要です。