1950′sロレックスの潜航者Submariner

ロレックスのカキ式の恒は航行に動いて潜んで者のシリーズ(Rolex Oyster Perpetual Submariner)、中国人は”水が鬼”と称して、1953年に誕生します。人々が海底の資源の世界のブームを開発する中で、それによって潜航者の優良な特性は水中の探求する良になって伴って、独特で上品な外形もそれに陸上を風靡させて、スターの重要人から普通の庶民のすべて殺到する人気がある腕時計まで(に)なります。Submarinerは世界の第一モデルが水深を防いで100メートルの(330フィート)の腕時計に達するのです。それから、ブランドの特許の三つボタンを通して連鎖リストの冠に施錠して、その防水の深さに更に300メートルの(1、000のフィート)まで(に)増加させます。海洋に身を置いて、それは潜水夫の不可欠な道具﹔からだが陸上につきあうので、更に広く推戴を受けてしかも優雅な風格のスポーツの腕時計が現れます。水の幽霊はロレックスが最も代表性のスポーツを備えて表すので、売価が比較的時間単位の計算のストップ・ウオッチ機能のを備えて導いて通して持って来るのが安いため、水は鬼多彩で、直接中国人につけるように適合するのを表して、同時にカレンダーのデザインの上でまた相撲取りのシンボル的な泡の鏡にご苦労をかけて、すぐ多くの人になってロレックスの第一選択を手に入れます。