シーンに直面してそれぞれにランゲ復興する貴重な記憶に関して分かち合いました

2014年の晩秋、何ヶ月の前の段階の研究と準備作業を通って、《奪い取る世界》は1本のすぐれて良い製作チーム相前後して2度のドイツ東部に向かう薩克森州を特派して、それぞれドレスデンと格拉蘇蒂小鎮で撮影を行いました。すべての招かれた歴史の目撃証言者は約束どおり着いて、シーンに直面してそれぞれにランゲ復興する貴重な記憶に関して分かち合いました:

“ランゲを再建する時私はすでに66歳になって、多くの人はこのオーデマピゲコピーような年齢ですでに家で安逸は度の晩年を享受しました。しかしランゲの再建は私にとって必ずしなければならなくてで、格拉蘇蒂とランゲが同義語ため、それらは互いにしっかり繋がります。”

――ランゲ一族の第4世代の成員、現代のランゲの創始者のワルター・ランゲ

“ドイツ人として、1つのランゲに似ているのこのようなドイツのブランドを指導するのは絶対にひとつのが質疑する夢を許さないのです。”

――ランゲは総裁Wilhelm Schmidを担当しています
“私達はとても誇らしくて、ランゲは時計界で改めて昔の懐中時計の時代得た地位に帰りました。私の特に誇りに思ったのはあれらの勤勉な人々で、私達の同僚、それによって彼らは共通恐らくなります。”

――現代のランゲの第1位の従業員、ランゲの前で社長のハートと穆特・科諾特

“格拉蘇蒂は私の出生地ではないが、しかしも私の故郷になりました。”

――ランゲのチップの技師のハルと穆特・格耶

“私とランゲは一体、だから私ためにランゲの仕事のため成長します。”

――ランゲの表を作成する師の克斯汀・里希特

“時間は静止的にように、私は30秒後に人々はやっと拍手を始めたたくて、すべての人はすべて迷わせられました。私達は1つの考えしかなくて、ランゲは復興しました。”

――オーストリア時計販売店Christian R. Hübner

“私が今思い出し始める時に、この日は本当に任期の中に私の市長最も幸せな日です。しかし私は、ワルター・ランゲはあの日最も幸せな人で、と考えます、全くこの日になるのが誇らしいです。”

――格拉蘇蒂の元市長FrankReichel

2015年3月10日、ランゲは北京尤倫斯現代芸術センターで特別テーマ板の試写のイベントを催して、メディア界の重要な人と一部のランゲのブランドの忠実な顧客は出席を招かれます。ランゲは簡単に質朴な発表会の現場を通じて(通って)豊富な歴史の情報を順次伝えだします:ベルリンの壁の壁のかけらはランゲの再建する歴史の前提に関して気づかせています――ベルリンの壁の1989年11月9日にの演劇性は倒壊します;人々は座ってなんじのディナンの多い・アドルフ・ランゲの紀念碑の前の長い椅子の上ので記念撮影がかかっていて、当時ワルター・ランゲと君の特・布と呂とLaneはよくここでランゲの発展前景を心おきなく話しました;横1列に並ぶ13枚の写真は歴史の上で異なる時期のランゲの工場の建物の姿を展示しました。最後、木製の支柱の上の4枚の高くて大きい腕時計のポスターと数十枚の整然と並べる座席は原状に復して1994年現代のランゲの初発表会のシーン、《伝奇が故郷に戻る》はこので行って初めて放送します。

特別テーマ板《伝奇的に故郷に戻る》は《奪い取る世界》欄を通すでしょう、2015年3月21日から全国各地の46社のテレビ局の関連のチャンネル中で続々と放送して、期待を頼みます。