ハンカチの瑪の強い尼Tonda 1950 Clarityがすべてで腕時計

ハンカチの瑪の強い尼Tonda 1950 Clarityがすべてで腕時計をあけて、ラインストーンは無数の星を作って思います

Tonda 1950 Clarityはすべてあけて腕時計の見たところシンプルな構造の下で入念な非常に細かい設計の理念に隠れています。一粒ごとに心をこめてよく考慮するダイヤモンドを通って、すべてこの高めて壮観な未来図の中で不可欠な効果を発揮していて、この世のからなって双眼のの“視覚の落とし穴”に戸惑って、全体の時計の文字盤まるで天井形を呈します。光線が時計の文字盤を照射する時に、ダイヤモンドは自然と開放して目のきびしい独特な光芒をまぶしく刺します。Tonda 1950Clarityはすべて腕時計のこのをあけて構造の理念を象眼して精致で複雑でしかも活力が四方に放って、再度ハンカチの瑪の強い尼の非凡な創造力を実証しました。時計の文字盤のダイヤモンドのスーパーコピー時計総計を飾って620粒の(いつも重い2.495カラット)に達して、表して象眼するダイヤモンドの総計を閉じ込めるも84粒の(いつも重い0.6460カラット)があります。