格拉蘇蒂のオリジナルの手を携える北京APM広場はドレスデンのクリスマスの定期市のイベントをスタートさせます

楽しいクリスマスの雰囲気は日に日にだんだん濃くて、ドイツのトップクラスの表を作成するブランドの格拉蘇蒂のオリジナルな(Glashütte Original)と南京ドイツの基広場の後で、再度手を携える北京APM広場のはなやかなスタートのドレスデンのクリスマスの定期市のテーマのイベント。

20日~25日の時にで、煌びやかで美しくて入り乱れている精巧な木造家屋で、美しく輝くきらきら光るライトは持って、ドイツの色のクリスマスの食物を満たして、正統的なドレスデンのクリスマスの定期市の風情を再現して、北京の市民にヨーロッパ最も正統的なクリスマスの雰囲気を経験させます。
一般のものとは異なるドイツ式のクリスマスを経験します

ドイツで、クリスマス言う為Weihnachten、異なる於のその他の西側諸国、ドイツはクリスマスの祝日に11月26日から週間の1つ目が日曜日に計算し始める時に、12月25日に終わります。Advent(クリスマス前の4週間)の時ドイツどの家もでも1たらいを買うクリスマスの星。これはとても特色がある植物で、持ち帰るてっぺんは1両の板の赤色の葉しかなくて、Adventの4日曜日であとで、赤色の葉はだんだん多くなって、クリスマスのその日までほぼ葉はすべて赤色になって、来年盛んな日象徴するようです。

クリスマスの市場の上で、手作業の紙で出来たもの、竹制と木製の星が装飾を掛けて平面、立体の造型があって、その他の手芸品、出店場所は板、クリスマス・ツリーの頂は全体は更にはクリスマスに市場の上空の夜光がライトを飾りを宣伝して、星の人々の脳裏の中のぐらいを形作っています。ドイツ家庭はまた(まだ)家のテーブル上でクリスマスのろうそくの輪を並べていて、クリスマス・ツリーの枝葉、クリスマスから派手なの、松の実あるいはその他の葉形の木の葉のつくる輪の小屋で、上は4本のろうそくを適当な場所に置いています。第1本のろうそくはクリスマスの前に3日曜日に点火を始めて、それから日曜日ごとに1本点火して、クリスマス・イブまですべてのろうそくをすべて点火します。

クリスマスの市場の上で、手作業の紙で出来たもの、竹制と木製の星が装飾を掛けて平面、立体の造型があって、その他の手芸品、出店場所は板、クリスマス・ツリーの頂は全体は更にはクリスマスに市場の上空の夜光がライトを飾りを宣伝して、星の人々の脳裏の中のぐらいを形作っています。ドイツ家庭はまた(まだ)家のテーブル上でクリスマスのろうそくの輪を並べていて、クリスマス・ツリーの枝葉、クリスマスから派手なの、松の実あるいはその他の葉形の木の葉のつくる輪の小屋で、上は4本のろうそくを適当な場所に置いています。第1本のろうそくはクリスマスの前に3日曜日に点火を始めて、それから日曜日ごとに1本点火して、クリスマス・イブまですべてのろうそくをすべて点火します。