オメガが《星の珍しい境》宇宙に見得を切て展が特にあなたに共に宇宙の伝奇を探求するように招きます

2018年4月27日、宇宙展をアメリカ航空宇宙局(NASA)の太陽系が計画を探求するのをテーマの《星の珍しい境》にして特に北京のあごの土手の港冬季花園に展開します。宇宙飛行士として宇宙の重要な装備を探求して、オメガとNASAの宇宙の伝奇の過程はずっと人々のために自慢げに話しました。今回展覧して、オメガも特に数展示してとても腕時計と貴重な履歴ファイルを奪い取るでしょう、見学者とと一緒にあの光り輝く伝奇のストーリを思い出します。

1962年、米国の宇宙飛行士のワルター・Ira(Walter“Wally”Schirra)を与えて個人の買うCK2998をつけていてとても腕時計を奪い取って宇宙に入って、それを初になって宇宙のオメガの腕時計に入らせます。その時、彼はCK2998をつけていてとても腕時計を奪い取って水星計画の“Seegerの番号の7番”の任務を実行して、オメガはとても腕時計の宇宙の過程を奪い取って引き離したのについて幕。

1964年、NASAは探して人を載せる宇宙計画の腕時計に用いるのを始めます。彼らは異なるブランドからの数時を選んで計算して、すべてのを行って宇宙の環境のハードウエアに入ってすべて経験する測定が必要です。ただオメガはとても腕時計を奪い取ってみごとに真空環境で中側も包んで極限に達している温度、振動、を含んで強烈に一連で苛酷なテストにぶつかりを通しました。1965年3月1日、NASAはオメガがとても腕時計を奪い取るのが“唯一のひとつのがすべての有人宇宙飛行の任務の腕時計に参与するのに許可を得る”なるを宣言して、宇宙飛行士の入りに付き添う宇宙の忠実なパートナになります。

1969年7月21日、ニール・アームストロング(Neil Armstrong)と巴茲・奥爾徳林(Buzz Aldrin)が月の表面に足を踏み入れる時、オメガの第4世代はとても腕時計を奪い取ってオメガの初の“月の時計”になって、とても腕時計を奪い取っても歴史の中で消すことができない光り輝く足跡を残しました。探求する勇気があって知らない勇気、尽きない革新の科学技術ときんでている専門技術は人類をみごとに月に上がらせて、宇宙飛行士の手首の間のとてもは腕時計を奪い取って、正にこのようなの前衛精神の目撃証言と解釈に対してです。