7本のIWCの車隊はロレンスに順調に終わってTORTOUR自転車のラリーを競うように代表します

2018年8月23日、シャフハウゼン――長い間の第10期のTORTOUR自転車のラリーの今週引き離す序幕を期間にします。7本のシャフハウゼンIWCからの隊列の代表のスイスロレンス公益基金会は競い合いに参与しました。これもIWCの行政の総裁のクリストファー・格のLaneの格―ハイアール(Christoph Grainger-Herr)の第2回が起点のオンラインで現れるです。現在のところに至って、試合の参加者はすでにスイスロレンス公益基金会の社会のスポーツプロジェクトの大衆のために60000瑞郎を計画しました。

“TORTOUR”と“torture”(苦難を意味する)は発音が常に混淆させられる全く理解することができるため、これも道理に合って、さすがに最高な難度のグループの競技参加者達に試合して、シャフハウゼンの完成で1続かなければならなくて、000キロメートル、数本(項)のアルプス山脈の苦難に満ちている試合日程をまたがり越えます。彼らは昼夜大急ぎで進んで、後援チームもいつも命令を待って、全力で対処します。

“TORTOUR自転車のラリーはスポーツのスポーツ、極限を耐久力はチーム意識と独特な方法が完璧なきっかけと互いに結合するのに我慢します。私はとても興奮してブランドの創立150周年のの時ことができて、これぐらいのIWCの大家族からの成員とと一緒に起点のオンラインに立って、支持のロレンス公益基金会。”IWCの行政の総裁のクリストファー・格のLaneの格―ハイアールは言います。

AMGROTWILD車隊からの騎手と表を作成する師の中のスポーツの愛好者達は共にIWCの7本の参加チームを構成しました。同時に代表IWCとロレンス公益基金会の戦い(試合)に出る尤爾根・カール法のこの(JラrgenKallfass)は十分に彼の不屈の精神を展示して、そのあった車隊は順調に1走り終わって、000キロメートル試合する全行程、7本のIWCの車隊の中で唯一“TORTOUR”のグループの隊列に飛び込むのです。格のLaneの格―ハイアール所の車隊参与550キロメートルのの中で長距離の挑戦試合、スイスの専門の騎手のサイモン・刺し縫いする(SimonZahner)とIWCIWCの表を作成する師のサミュエル・ウィリアムス(SamuelVuillemez)を刺しとと一緒に、最後に第6位を獲得します。往年とと同じに、今週木曜日にシャフハウゼンのアカザの敷物の滝で発砲して試合を始めるのに試合します。IWCはTORTOUR試合が2009年に初めて催してから便はずっと大いに力を尽くして支持を賛助します。

試合前に段階を予熱して、競技参加者達は大衆がプラットフォームを計画する上に支持を求めて、現在のところの寄付総額は60000瑞郎にすでに達して、すべての良いモデルはスイスロレンス公益基金会の“ロレンスのスポーツの女の子”(Laureus Girls in Sports)のプロジェクトを支持するのに用いるでしょう。その他のイベントに比較して、女子学生はなくて男子学生のようにスポーツプロジェクトに熱中して、ロレンス公益基金会がスポーツの形式を選択して使用して11~17歳の青少年の女子学生に強めて彼女たちの人格発展に自信を持つようにおよび助けに来ます。

スイスロレンス公益基金会

スイスロレンス公益基金会は国際組織の“ロレンススポーツ公益基金会”の分枝として、シャフハウゼンIWCと梅賽徳斯―から疾走して2006年に創立を提唱して、その目標はだんだん豊富なだんだん多くなるスイスの青少年の生活を目指します。基金会の注目するところは業績を得るのと関係なくて、スポーツとその他の社交活動の持ってきた喜びを享受するのにあります。毎年、ロレンス公益基金会は支持のスイスで行った4項目のスポーツの社交プロジェクトを通じて(通って)、10を上回るため、000人の子供は支持と助けを提供します。

TORTOUR自転車のラリー

TORTOUR自転車のラリーは全世界の最大の規模の長い間の極限の自転車試合で、同時に専門の騎手とアマチュアリズムに向かって催します。全行程の1、000キロメートルのは2009年にスイスで自転車の競技初めて開催を中断しないで、ラインは多重のアルプス山脈を通り抜けます。このはきわめて高い試合に本部のからシャフハウゼンのTORTOURGmbHに位置して組織するように求めて、そして持続的に関心を受けます。