ワールドカップの障害レースのチャンピオン

2016年11月13日(日曜日)、エジプトの騎手Abdel Saidは“Hope van Scherpen Donder”(Verona)に乗ってベローナで勇敢に“ロンジンの時計の国際馬術連盟のワールドカップの障害レース”(Longines FEI World CupTM Jumping)のチャンピオンを奪いを鞭打ちます。

今回の試合は西欧のリーグ戦の第4駅で、結果は“ロンジンの時計が掲示に位置する”の世界第2のフランスの騎手SimonDelestreに位置するから“ChesallZimequest”に乗って第2位を獲得するのを鞭打って、“Clooney”のスイスの騎手MartinFuchsに乗って第3位を得るのを鞭打ちます。今週末のベローナFieracavalli馬術展のこの重点の試合の中で、3人の勝つ騎手は全て2ラウンドの0減点で試合を完成します。

ロンジンが表すのは“ロンジンの時計の国際馬術連盟のワールドカップの障害レースの西欧のリーグ戦”(Longines FEI World CupTM Jumping Western European League)の政府のパートナー、政府の時間単位の計算が兼ねて腕時計を指定するのです。