“宇の大きな船がサッカーが好きだ”はモナコに点火します

第24期の年度慈善のサッカーの試合の激情は試合を始めます
モナコの親王のアルルの貝は2世力強く支持します

2016年5月24日、モナコ――第74期のモナコの賞付きの試合(Monaco Grand Prix)が試合を始める時、スイスのトップクラスの表を作成するブランドHUBLOT宇の大きな船はモナコの親王のアルルの貝の2世(Prince Albert II)の力強い支持下で(Hublot)を表して、F1運転手チーム(FormulaOneDrivers)を熱心に誘ってとアルルの貝の2世の自ら隊を率いるASモナコスターチーム(AS Star Team MC)からルイの2世のスタジアム(Monaco’s Stade Louis II)で1度の新境地の慈善のサッカーの試合を展開して、宇の大きな船は(Hublot)手首の表現型の審判をする時間単位の計算の札を表しても正式にこの競技用の自転車の動力を注ぎ込む木陰の戦いの中で参与します。

2つの特殊試合チームの球場の場内で行ったサッカーの戦いはすべてのヨーロッパに頭を上げて待ち望ませます。F1運転手チームは35周年紀念に会っていて、2期のF1いつもチャンピオン、スペインの運転手からなんじの南多・阿隆索(Fernando Alonso)がかかって筆頭になって、運転手の吉安kaとルーマニア・費はこれは(Giancarlo Fisichella)とフィリップス・マーサ(Felipe Massa)を引き延ばして加盟を切って、そのため今回の試合も独特な紀念の意味をも持っています。相手ASモナコスターチームは2世の親王自ら隊を率いるアルルの貝があるを除いて、更にサッカーのスター選手のウィリアム・加拉斯(William Gallas)、エジプトのマニュエル・ペティ特に(Emmanuel Petit)と揚・コーラー(Jan Koller)の力強い援助がいます。工夫し集めた良いモデルに試合して、モナコの慈善を通じて(通って)を力を合わせて(Monaco Charity Association)が助ける子供を急ぎ必要とするに出資援助を提供するのができます。最終、F1運転手チーム(Formula One Drivers)は3:1の戦果でASモナコスターチーム(ASStar Team MC)をリードします。10年前に、“宇の大きな船がサッカーが好きだ”の誕生は正にミッシェル・国のトレーナー(Michel Pont)の1つの問題から源を発するで、“私がどうして表を作成していないでブランドとスイスサッカーチーム協力するのに分からない”は宇の大きな船(Hublot)を表して初サッカーの世界に進出する贅沢品の腕時計のブランドになって、10年後に、先輩のサッカーのトレーナーのミッシェル・国もこの競技用の自転車とサッカーの激情のぶつかるすばらしい決戦を目撃証言したのを招かれます。試合して幕が下りた後に、多いスターは競技場にどっと集まって共に祝って、更にDJのF1運転手の吉安kaとルーマニア・費に兼ねてこれが(Giancarlo Fisichella)が音楽で温めるのと全体の激情を点火するのを踊りを引き延ばしを切るあります。

HUBLOT宇の大きな船は標識を表してF1モナコの賞付きの試合の道の旗と都市に至る所にあります

宇の大きな船が(Hublot)を表してサッカーと競技用の自転車の領域に皆密接な協力があって、今年更にモナコで世界の1級の方程式のチャンピオンシップとサッカーの融合を極致まで(に)発揮します。この球技試合は2016年の欧州杯、ヨーロッパのチャンピオンのリーグ戦、ユーロの対聯の杯とワールドカップとと同じに、4つの審判の時間単位の計算の札は皆宇の大きな船が(Hublot)標識を表しにわかって、場の辺の広告板の上で宇の大きな船で(Hublot)のすばらしい白黒を表して色を合わせて現れます。今回の試合する“政府の腕時計”として、すべての選手は皆宇の大きな船を印刷して(Hublot)ブランドの表すユニホームを表しを身につけています。宇の大きな船が(Hublot)を表すのも有名なフェラーリ車隊の“政府の時間単位の計算”で、100数組はありBigBangフェラーリの腕時計の人目を引く旗を描いてモナコ市の中心のそれぞれの隅で翻ります。球場それとも車道にも関わらずで、どこにもいなくない宇の大きな船が(Hublot)を表して全体のモナコの賞付きの試合のいっしょに逃してはいけない景色になったのを表します。

全世界のサッカーの愛好者のが期待するにおりて、2016年にフランスの欧州杯はすぐ6月10日に鳴いて銅鑼試合を始めます。2008年と2012年を継いだ後に、宇の大きな船は再度この試合の政府の時間単位の計算と政府の腕時計を担当するのを(Hublot)を表します。