シリーズの新型、表を作成する伝奇に続きます

今回の展覧の上で、北京はシリーズの新型を表して頭角をあらわして、その中の北海のシリーズの新型、シリーズの伝奇に続いて、北京の機械の悪がしこい心B18に“北京北海をする”を搭載するにして、3/4クラシックの添え板、黄金のスリーブ、ガチョウの首を持って微調整して、18ドリルなどの特徴、新型の最大の輝点は“北京が赤い”の元素をはっきりと示しにあって、12時(点)の赤色の目盛り、赤色の秒(さん)、腕時計のバンドの赤い糸のエッジング、紳士の腕時計の重苦しい構造を打ち破ります。

霊感のシリーズ、北京が新しく出すレディースの腕時計を表すのです。1時(点)ののの“歳月の星”、昼夜交替する窓口を表示するので、24時間の回転する1週間のが円を刻むのに相当して、昼夜を区分します。濃い藍色の大空、三日月を曲げてと明るい太陽と交替で現れて、飾りを添える無数の星がもあって、日は日が沈んで手首間で転々とするのに上がって、ロマンチックでまた優雅です。

名はシリーズの新型を築いて、如実な昇華を建てるのを腕時計の設計の元素のため、時間のいつまでも続きと建てる張力が現れます。このシリーズの腕時計の秒針の目盛りは城壁の類のようだポインターを防衛して、5つの目盛りごとに荒っぽいをの採用して間隔があって、一席一席の烽火台をまねてもし城壁の間で人に堅固で慎み深い感で、十分な方正、にそびえ立ちます。上手な線と味わいがある設計は完璧に結び付けて、呼応してテーマを建てて、また質感をはっきりと示して、袖の口腕間のために1部加えたのは優雅で余裕があります。

1958年に創立してから、北京は表してずっと高くて複雑な悪がしこい心の製作とハイエンドの腕時計のオーダー制に集中します。各種の高くて複雑な悪がしこい心がやはり(それとも)象眼するのなのにも関わらず、エナメル、刺繍、微彫、金のワシ、透かし彫りで、精密な装飾など高級の表を作成する技術、それとも、一モデル一モデルの独創的な工夫がこめられている腕時計の作品、北京表します現れての、ひとつのある独立する表の作成能力の専門のブランドの素質、代々表を作成する職人精密で純粋な表を作成する伝統のに対して高精神、まで(に)腕時計の持つ者旧い規則を固く守らない、勇敢に突破する特質。