ロレックス(Rolex)の代弁者の李雲迪の“ショパンが伝奇的だ”のピアノのリサイタル

世界の腕時計の特に優秀なるもののブランドのロレックス(Rolex)の代弁者、国際有名なピアニストの李雲迪はすぐ7月13日の晩に国家大劇場で“ショパンが伝奇的だ”のピアノのリサイタルを催して、観衆のために持ってきて曲のショパンの名作を数えて、1度よく動きを捧げて転々としますと華やかな縦横に走る巨大な楽章。

2000年10月、年はまだ18歳の李雲迪は一挙に第14期のショパンの国際ピアノ試合の金を勝ち取って冠を表彰して、試合を始める73年来の最も若い金になって主なを表彰して、そしてここから国際舞台に上がって、今の時代のショパンの音楽を演繹する代表者になります;彼の2003年に発表した《李雲迪・リスト》のアルバムはドイツのクラシックの反響の大賞と《ニューヨーク・タイムズ》の年度のレコード賞を獲得しました;彼はそれがベルリンでよくホールがベルリン愛楽楽団と小沢がなんじを募集するのとと一緒にコンサートの演奏者を完成するのを笑っのでことがあるのです;彼はポーランドの“誉れの芸術”の文化の勲章と全世界の第一本の“ショパンのパスポート”のピアニストを獲得したことがあってことがあるのです;2015年、李雲迪はまた芸術成し遂げるのを得て、史の上でショパンの国際ピアノ試合最も若い審査委員(会)になります。これらの誇りの記録はいつも続いて、一度も立ち止まってません。

2016年2月21日従って、李雲迪は米国ロサンゼルスディズニーのミュージック・ホールでコンサートの初めを独奏して、その2016年に欧米の巡回公演は正式に幕を開けて、そしてあとでの2多い月内で11の国家、19の都市に至る所に及びます。頼ってショパンの作品のが深くとを解読するのがきめ細かいに対して演繹して、李雲迪は彼のショパンの作品のリサイタルを持っていてそれぞれの歩いたことがあった都市ですべて収穫して賞賛して成功します。

ブランドの伝統を受けてその通りにして、ブランドの価値を発揚して、ロレックス(Rolex)は敷いていていくつかの心をこめて選ぶ芸術家と芸術のイベントを支持して、積極的に芸術家達業績に協力するのがきんでています。ロレックス(Rolex)は彼らに付き添って人生のそれぞれの重要な時間を目撃証言して、更に彼らが生活する中に不可欠な時間の伴侶になります。多い推戴のロレックス(Rolex)のきんでている人はすばらしい振る舞いと盛大な業績の極致が象徴するので、ロレックス(Rolex)と共に不朽な成功の神話を創建し営みます。