雪の鉄が刺し縫いしてとSTC世界のウミガメが組織と上海海洋水族館を保育して大型のウミガメを共同主催して見分けて慈善のイベントを養います

雪の鉄が刺し縫いしてとSTC世界のウミガメが組織と上海海洋水族館を保育して大型のウミガメを共同主催して慈善のイベントとSTC60周年の特別な版の腕時計のを養って式典を発売するのを見分けます。雪の鉄は刺し縫いしても幸運にも見分けて上海海洋水族館の2匹の緑のウミガメをかって、忠実にひとつの履行して責任を持つ腕時計のブランドの精神があります。

今回のイベントの催しの地:上海海洋水族館が上海が最大だだ、最も吸引力を備える、水の世界の生物、生態を展示するのをテーマの観光スポットにする。世界最大の人工海水の水族館の中の一つです。上海海洋水族館は現在毎年世界各地からの観光客を受け付けて200万延べ人数上回って、国家と上海市に“科学普及の教育の拠点”を称号を授与させられます。上海海洋水族館は世界の最も長い海底トンネルを持って、多種を約450養育して、15000条の海洋生物を上回ります”。上海海洋水族館の開発と経営、公衆を導きために水の生物を観賞してから水の生物に関心と愛を与えるまで(に)、水の生物の生存の苦しい立場を理解してから私達の人類の生存環境に関心を持つまで(に)、私達の共通の郷里を保護します。このため、上海海洋水族館は専門的に“MyGreenを創建して、私の緑色”専属の緑色のブランド、かつ“緑色の“の理念を十分に水族館での内で開く各イベントの中で体現していて、生物はイベントに関心と愛を与えるのと、市場のパテックフィリップコピーイベント、科学普及の課程と公益を展示します。上海海洋水族館で“私の緑色”の影響のもとで、だんだん多くなって海洋を心から愛して、緑色の友達を心から愛して海洋館の“海洋の友達”の行列に参加して、彼らのすでに海洋の知識、環境保護を広めたのになる使者、上海市、陸家嘴金融区の柔らかい実力を強める同時に更に関心と愛の海洋、関心と愛の水生生物の方面で積極的な効果を発揮しています。今なおまで、上海海洋水族館はもう6匹の緑のウミガメを引き取って育てることができるようになって、かつ2匹の赤いウミガメと6匹のべっこうは2018年に11月18日にみごとに4匹のウミガメを放し飼いにして海を復帰します!

その他に、雪の鉄の刺し縫いする優秀なパートナーとして、京の東はご光臨を誠意をもって招くに参加させられます。かつ京の東も見分けて1匹の雌性のウミガメをかって、そして美美に名前をつけます。イベントの現場、STC世界のウミガメは理事長を実行するDavidGodfrey先生を組織して京の東のために見分けて証明書を養いを公布したのを保育して、これで、雪の鉄はいっしょにいっしょにウミガメの保護する公益の事業に参加した中に刺し縫いします京の東。