百年伝承して絶えず極致を突破します

モンブランのブランドと林丹の結び目のおりるとけない縁は両者の共に維持したのに始って何度もすばらしいの、を作って絶えず自己の極限の時代前衛精神に挑戦します。110周年、モンブランにとって光り輝く歴史を積載しました。林丹とと同じに、モンブランは同様に挑戦に怖がらないで、再度高級な表を作成する極致を突破して、時間の行者のシリーズPythagoreとても軽い概念の腕時計できんでている腕時計の技巧を展示して、“次回に怖がらない”の決心を表現します。モンブランの全世界のアイデアの総監督ZaimKamal先生は発表会の現場が出席するメディアと賓客の全面的な紹介このためにきんでている時計算します。

モンブランは時間の行者のシリーズPythagoreとても軽い概念の腕時計のために心をこめて革命的性質の革新の材質を研究開発します。耳を表して黒色DLC上塗りのチタン金属に製造するように選択して使用して、殻のミドルウエアを表す、表すのが辺鄙だ、小屋を表してと冠を表して独特なITRKevlar/炭素の材質を採用して製造する、全部の塊に時間行者のシリーズPythagoreとても軽い概念の腕時計がきわめてしなやかにしかも丈夫で長持ちさせて、全世界の最も軽薄な機械になる時計算する中の一つ、重さはただ14.88グラムの(腕時計のバンドの重さが含まれてない)のためだけ。新作モンブランを搭載して手動で鎖MBM62.48チップに行って、このチップが現代設計で1943年生の産するすばらしい米に対して華のチップに耐えて改めて解釈を行って、まっすぐな板橋の形を採用して、ピタゴラスの黄金分割の割合の原理に従います。このCLAS(2,3)の現代の風格に富を極めるチップは製作の材料と加工技術の上で行って全面的に改めて設計して、伝統の美学を未来に引きます。

110年来、モンブランのずっと絶えず革新する理念は絶えず改善するののと臻の技術まで(に)製品ごとに製造して、絶え間ないのに努めて開拓・革新して人々になって生活の誠実な臻の伴侶を創造します。今回のモンブラン“110周年、賞賛する時代前衛精神の全世界の巡回展の深セン駅は”が11月3日~11月7日に持続的に公衆に向って開放的で、もっと多い消費者に共にモンブランを目撃証言して1906年の前衛精神に始るように誠意をもって招きます。