古代インドのグラムの上品な宝PoeticWish詩情の願望の5分の2は時計を聞きます

古代インドのグラムの上品な宝のこの腕時計の“つける”が持つ者のにあげるのは絶対に芸術の類の楽しみです。普通な2と異なって時計を聞いて、この腕時計の第1はのが時間を申し込みに聞いて、第2はのが5分申し込みに聞いて、見たところこの腕時計の設計の目的は複雑な機能になるつもりはなくて、あなたに1段の“人を感動させるストーリ”を述べるのです。