飛行する陀はずみ車:浮遊状態の芸術

今回の出す60周年の特別な色陀はずみ車の新型、北京を搭載して自制する飛行陀はずみ車の悪がしこい心を表して、その陀はずみ車装置は百個以上部品から構成して、一面の羽の重さと相当して、60時間を提供する動力は貯蓄して、表を作成する技術の極めて大きくて豪華なののに対して。

この悪がしこい心、陀はずみ車の支柱設置が底部、運行時を浮遊状態のようだ普通に、陀はずみ車の動態に高めて力を表現します;悪がしこい心は度の空中に垂れる糸を押さえるのがないをの採用して、手製で作る精髄を保留して、手作業を通じて(通って)空中に垂れる糸の長さを調節して、幸運な精度と安定性を確保します;北京はブランドのトーテムの“賢い燕”を表して、燕からだの精密な装飾は青銅器の上の紋様で、深い東方の文化と遠くから相呼応して、飛行する陀はずみ車の独特なマークの中の一つとして、回転していて設計の中で支えるのが現れて、更に美感を増やします。