ジャークの独ルーマニアと中国は延々と続きます数百年の縁

ジャークの独ルーマニアの自動人形は昔も無数なヨーロッパ皇室の貴族に秘蔵する宝だと見なされのでことがあります。18世紀に、ジャークの独ルーマニアは多い造型のそれぞれ異なっている自動人形の作品で皇室の貴族を風靡します。歯車を通して運行して現す見事な画面、いまどきになって依然として感嘆させられます。眼光は現代まで回転して、ジャークの独ルーマニアは今回で展覧してマジシャン(TheMagician)、画家(TheDraughtsman)と作家(TheWriter)の3モデルの自動人形を展示しました。マジシャンは2002年に作って、ジャークの独ルーマニア上海南京西路高級品店で隠れて、画家と作家は国内外有名な腕時計は先生のが隠匿するに家、収集家、《Chronos腕時計》の雑誌の編集主幹の丁のを鑑賞して、皆前世紀90年代の傑作です。その中、マジシャンは豪華なベルベットのアウターと重ね着の金糸のロールアップのスーツを着て、マジックの技法非常に不思議にで人々に小鳥のの“形を移して位置を変える”を展示します;画家は赤色のベルベットのアウターを着て、1匹の無邪気さが実にかわいらしい小さい子馬を描きだすことができります;作家はカレッジネイビーのベルベットのアウターを着て、机の上で真剣に書きます:I LOVE YOU。

21世紀まで入って、ジャークの独ルーマニアは伝統に続いて、昔の自動人形の超縮小化を計略の上で、一連で自動人形の腕時計を出しました。前の時間を知らせる鳥の3は(TheBirdRepeater)、人を魅惑する時間の鳥(TheCharmingBird)と優雅な8の―花の韻(Lady8Flower)にBASELWORLD2017上発表する愛のチョウ(LovingButterflyAutomaton)で、皆完璧に自動人形人に舌を鳴らしたり言い立てたり珍しさに感心させる視覚の迫力、腕時計の位置付けを受け継いでそれでは更につける者一挙手一投足の間でまだ鑑賞してそれでは数世紀の機械的な傑作を伝承することができるのを譲るのなのを聞くのパネライコピーにも関わらず。